剣道具について

【剣道具ブランド「フジダルマ」とは?】厳選ラインナップもご紹介!

安信商会,フジダルマ,剣道,達磨

「フジダルマ」という名前をご存知でしょうか?
今回は、剣道具の有名ブランド「フジダルマ」についてご紹介します。
「フジダルマ」は、名古屋の大手剣道具メーカー「安信商会」が展開する剣道具ブランドです。
ここではブランドの説明から、剣道具ラインナップのご紹介まで、幅広く記載いたします。

続きを読む

【剣道の「手ぬぐい」の巻き方と種類とは?】

kendo,usa

本記事では、剣道で使用する”手ぬぐい”(=通称 面タオル、面手ぬぐい etc.)について、ご紹介していきます。
面の下に装着する手ぬぐいは、様々な巻き方と種類が存在します。
巻き方を学ぶと共に、手ぬぐい選びでより剣道を楽しみましょう。

続きを読む

大解剖!ミツボシ【天】【峰】【豪】剣道具(防具)

ミツボシ,天,峰,豪,防具,剣道

誰もが知る国産剣道具のブランドメーカーの1つである、ミツボシの剣道具(防具)をご紹介します。
稽古用でも試合用でもしっかりと使用できる幅広い対応力と、藍染の生地の色合い、コシのある布団が成す着装美が魅力です。
ミツボシの商品でも人気のある「天」、「峰」、「豪」についてまとめています。

続きを読む

【本物の金蒔絵を世界に】みさき蒔絵工房 御前秀邦

蒔絵,胴,金,校章,家紋

▼レジェンド職人シリーズ▼

「本物の金蒔絵を世界に」
〜みさき蒔絵工房 御前秀邦〜

剣道の胴には、日本の高級品に用いられてきた伝統工芸がふんだんに使われています。
その中でも胴台に描かれる家紋や校章は、元来「金蒔絵」の技術を用いているものです。
伝統の「加賀蒔絵」にルーツを持ち、最高の伝統技法で描く製作現場に迫りました。
(以下 KENDO PARK=KP     御前邦夫=御前)

続きを読む

【「美しい」竹胴を作る】昇龍堂 田中敏和

昇龍堂,胴台,職人,京都,国産

▼レジェンド職人シリーズ▼

「”美しい”竹胴を作る」
〜昇龍堂 田中敏和〜

胴台は製作が難しい部位の一つです。
現在、国内で製作できるところは数カ所しかありません。
その中で80年の歴史を誇り、昔ながらの伝統的な手法で胴台製作にあたる京都の老舗「昇龍堂」。
その歴史と、胴台製作にかける想いをお伺いしました。
(以下 KENDO PARK=KP     田中敏和=田中)

続きを読む

【浄法寺塗の粋を伝える】羽沢工房 代表 羽澤良和

浄法寺塗,胴台,漆塗,羽沢

▼レジェンド職人シリーズ▼

「浄法寺塗の粋を伝える」
〜羽沢工房 代表 羽澤良和〜

日本および世界最高の漆塗り技術といわれる浄法寺塗(じょうぼうじぬり)。
胴台裏の端に、銘として書いてあるのを見たことがある方も多いことでしょう。
地元産の国産漆を使い塗り上げた胴台は、全国の剣道家に親しまれています。
今まで公開されてこなかった、その制作現場に迫りました。
(以下 KENDO PARK=KP     羽澤良和=羽澤)

続きを読む

機能別!【オススメの剣道着(道衣・胴着・道着)セレクション】

今回はおすすめの「剣道着」を紹介いたします。
剣道着(以下「道衣」)は試合や昇段審査はもちろん、普段の稽古でも欠かすことができないため、どうしても必要な枚数は多くなってしまいます。
そのため、稽古や試合ごとに道衣を使い分けている人も多いのではないでしょうか。
そんな皆さんに向け、用途別にオススメの道衣を紹介していきます。

続きを読む

製作映像あり!【面金の種類と作り方とは?】高井武道具

面金,高井武道具,IBB,剣道

面金製作において、シェアNo.1を誇る高井武道具に、面金の種類と製作工程について解説いただきました。
ジュラルミン、チタン、IBB等、様々な種類がある面金ですが、実際何が違うのかはあまり知られていません。
皆さんの頭部を守る大切な部位ですので、今一度理解を深めましょう。

(以下 KENDO PARK=KP    高井信昭社長=高井)

続きを読む