機能別!【オススメの剣道着(道衣・胴着・道着)セレクション】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はおすすめの「剣道着」を紹介いたします。
剣道着(以下「道衣」)は試合や昇段審査はもちろん、普段の稽古でも欠かすことができないため、どうしても必要な枚数は多くなってしまいます。
そのため、稽古や試合ごとに道衣を使い分けている人も多いのではないでしょうか。
そんな皆さんに向け、用途別にオススメの道衣を紹介していきます。

KENDO PARK

|試合・審査用道衣の紹介

ここからは、用途に分けて道衣を紹介していきます。
試合や昇段審査では、見た目にも高貴で伝統的な綿の道衣が好ましいでしょう。
その中でも、動きやすさと機能性を兼ね備えたものをご紹介いたします。

【キラリ】純綿道衣 from タネイ

綿素材の中でも、「純綿」かつ「三河木綿」で仕立てています。
またメーカーのタネイは、「バイオ加工」(=ウォッシュ加工)と刺子織の元祖でもあり、その技術をふんだんに活用しています。

【キラリ】純綿道衣(00~5号)from タネイ

【キラリ】純綿道衣fromタネイ

【色落ちしない剣道衣】紺一重 from 福田武道具

昭和56年創業の福田武道具は、利用者の目線に立って常に最先端の商品を提供し続ける剣道具界のイノベーターであります。

綿道衣は使用していくうちに色落ちしてしまいますが、この道衣はその色落ちを極限まで防止する加工を施しており、長期間色落ちが少なく使用することができます。

【色落ちしない剣道衣】紺一重from福田武道具

綿道着
【色落ちしない剣道衣】紺一重from福田武道具

【武州一】ブルーライト

世界最高峰の天然武州藍染を用いた「武州一」シリーズは全国でも限られた店舗でしか購入できません。
その「武州一」シリーズの中でも、軽さとフィット感にこだわり、他の綿道衣よりも乾きも早いことから、どんな場面でも活躍してくれるモデルです。

参考記事:【武州一】武州正藍染最高位ブランドを徹底解説!

【武州一】ブルーライト(0.5〜5号)

武州一,ブルーライト,試合用,胴着,剣道
【武州一】ブルーライト(0.5〜5号)

【VIXIA】軽量爽快ジャージ道衣

【VIXIA】はジャージ道衣でありながら、見た目が綿道衣と変わらない高級仕様となっています。
ジャージ道衣なので、超軽量かつ速乾性を有しています。
一般的なジャージ道衣に比べ、見た目の高級感に拘っていることから、試合や遠征でも使用できる多機能道衣と言えます。

【VIXIA】軽量爽快ジャージ道衣

【VIXIA】軽量爽快ジャージ道衣の購入はこちらから

|稽古用道衣の紹介

稽古では、「動きやすさ」「着回し」等が重要視されると思います。
そこで、ジャージ道衣を中心に、季節を問わず稽古にぴったりの道衣をご紹介します。

【黄達磨】ライトジャージ道衣 from 安信商会

ジャージ素材でありながら、ワッフル調でクッション性があるのが特徴です。
刺し子調に編んでいますので、見た目にもチープすぎない仕様です。

【黄達磨】ライトジャージ道衣(00~5号)from 安信商会

ジャージ道着,道衣,剣道着
【黄達磨】ライトジャージ道衣の購入はこちらから

定番ジャージ道衣 from 信武商事

全国に支店舗をもつ大手武道具メーカー「信武商事」がお届けする練習用の廉価なジャージ道衣です。
速乾性が高く軽量の素材を使用しているため、夏場はもちろん、年中を通して稽古に使用できるジャージ道衣です。
また、カラーも紺、黒、白の3色から選べるのもポイントです。
男子学生はもちろん、女性にも人気が高い商品です。

定番ジャージ道衣(00~5号)from 信武商事

ジャージ胴着,剣道,稽古用
【定番ジャージ道衣】の購入はこちらから

メッシュ・ジャージ剣道衣 from 熊本武蔵堂

メッシュ生地による圧倒的な通気性はさることながら、軽いうえに肌触りも良好で、使って満足することは間違いなしの商品です。
また、カラーも紺と青の2色から選ぶことができます。
夏場はもちろん、冬や春の合宿シーズンでも活躍すること間違いなしの道衣です。

メッシュジャージ剣道衣 (130~180cm) from 熊本武蔵堂

【メッシュジャージ剣道衣】の購入はこちらから

|高級手刺道衣

ここでは少し高価ですが、品質の高い手刺し道衣を紹介いたします。
試合や昇段審査用として活躍しています。

【武州一】世界最高級総手刺道衣 from 野川染織工業

武州藍染の中でも、天然発酵にこだわった数少ない藍染の老舗、野川染織工業による道衣です。
総手刺道衣は、一般には公開されていない秘伝品です。
染料も上質なものを使い脱臭効果に優れ、また手刺し生地のため丈夫です。
他の道着と大きく違うのがしなやかさで、一味違う仕上がりです。
試合や昇段審査といった「ここ一番」の場面で使用して、ぜひその違いを実感してみてください。

参考記事:【”元祖”武州藍染の誇り】野川染織工業(武州一) 野川雅敏

【武州一】世界最高級総手刺道衣 from 野川染織工業


【武州一】世界最高級総手刺道衣の購入はこちらから

【極上総手刺剣衣】 from 高柳喜一商店

浜松市の伝統工芸、遠州藍染を自社工場にて手がける剣道着の有名店です。
こちらは質・染感にこだわりを持った商品で浜松地方の伝統技法である”遠州藍染”により染め上げています。
武州一の手刺道衣より値段も安価でありがながら、藍染め・素材・見た目にこだわりを持ち最高の道着に仕上がっています。

【極上総手刺剣衣】 from 高柳喜一商店

手刺,剣道着,道衣
【極上総手刺剣衣】の購入はこちらから

|目的に合わせて剣道着を選ぼう!

今回はおすすめ剣道具シリーズとして「道衣」を紹介させていただきました。
道着と一言で言っても綿道衣やジャージ道衣、メッシュ素材の道衣など様々です。

それぞれ、試合用や練習用として使い分けたり、あるいは季節ごとに使い分けるようにするといいでしょう。
一般に綿道衣は厚手の者が多く耐久性に優れる一方、速乾性の面ではジャージ道衣に一歩劣ります。
参考記事:【剣道着(道衣・袴)の選び方】

実際に剣道具店に足を運んでみたり、剣道具の通販サイトで調べてみたりして、ご自身の求める一品を探し求めてみてください。

剣道具専門通販セレクトショップ【KENDO PARK】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コアな剣道情報を配信いたします!

【無料メールマガジンを配信いたします!】

KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。

 

  • 有名剣士インタビュー
  • 最新トレンド剣道具情報
  • 大会情報

 

剣道を愛し、極め、楽しむ方々へ、有用な情報をしっかり届けてまいります。

是非、無料メルマガにご登録ください。


KENDO PARKへGO

SNSでもご購読できます。