完全保存版!【剣道のインターハイ歴代結果一覧】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
剣道,高校剣道,インターハイ,高校総体,九州学院

高校剣道において、「全国選抜」「玉竜旗」と並び「高校3大大会」と称されるインターハイ。(=高校総体)
長い歴史がある同大会の、過去の結果を可能な限りまとめました。
皆さんの青春の1ページを彩った、懐かしい名前が見つかるかもしれません。
貴重なデータベースとして、完全保存版です。

KENDO PARK

|インターハイ(高校総体)とは?

正式名称は「全国高等学校総合体育大会剣道競技大会」で、毎年8月に開催される高校日本一を決める大会です。
※2020年は新型コロナウイルスの影響で中止

春の「全国選抜」、7月の「玉竜旗」と並び、高校3大大会と称されています。
大会は、全国の各都道府県予選を勝ち抜いたチーム及び選手により、個人戦と団体戦の双方において争われます。

出場資格

団体戦は、開催都道府県から代表2校(通常は優勝および準優勝校)と、開催都道府県を除く各46都道府県から代表1校(通常は優勝校)の合計48校に出場権が与えられます。

個人戦は、各都道府県で代表2名(通常は優勝および準優勝者)の合計96名、および開催都道府県はさらに2名に出場権が与えられ、合計96名で優勝が争われます。

尚、各都道府県予選に関しては、それぞれ若干の違いがみられます。
例えば、予選本戦の前に地区予選を設けているケースや、準決勝からリーグ戦を実施するケース等、代表決定における試合形式は各都道府県の裁量に任されています。

試合形式

個人戦はトーナメント形式で行われ、試合時間は4分です。
時間内に勝敗が決しない場合は、時間無制限の1本勝負にて延長戦を行います。

団体戦は3校1組で予選リーグ戦が行われ、各組上位1校のトータル16校が決勝トーナメントへ進出します。
予選リーグでは、勝ち点・勝者数・取得本数の順に計算して順位を決定します。
いずれも同点の場合は、代表者による代表戦を行います。

決勝トーナメントは文字通りノックアウト方式のトーナメントで優勝が争われます。

過密日程問題

インターハイは個人戦と団体戦を並行して行うため、上位進出校であればあるほど、試合数が多くなるばかりか、試合間隔も短くなる傾向にあります。

一般に大会初日に個人戦の4回戦までを行い、2日目に団体戦の予選リーグを行います。
そして最終日に、個人戦の準々決勝以降と、団体戦の決勝リーグを行います。

これにより、特に最終日には、個人・団体双方で上位に進出した場合、一日でかなりの試合数をこなすこととなります。
また個人戦は延長戦がある上、団体戦でも代表戦となるケースも多いため、チームの主力選手ほど負担が大きくなります。

例えば2016年大会では、個人戦の決勝を星子啓太と梶谷彪雅(いずれも九州学院@熊本)で争い、試合終了後そのまま団体戦決勝(星子選手が大将、梶谷選手が副将)に臨むというケースも見られました。

こういった形式のため、注目選手が最後の最後で力を発揮できないケースも散見されます。

剣道,高校剣道,インターハイ,高校総体,九州学院
インターハイは高校剣道の集大成である。

|歴代結果

第1回(1954年・昭和29年)

男子団体:優勝 大田原(栃木)

第2回(1955年・昭和30年)

男子団体:優勝 嘉穂(福岡)

第3回(1956年・昭和31年)

男子団体:優勝 中京商(愛知)

第4回(1957年・昭和32年)

男子団体:優勝 甲府商(山梨)

第5回(1958年・昭和33年)

男子団体:優勝 秋田商(秋田)

第6回(1959年・昭和34年)

男子団体:優勝 小牛田農林(宮城)
男子個人:
優勝 坂本正豊(九州学院・熊本)
準優勝 吉田勝己(安房・千葉)
第3位 本多直彦(長崎東・長崎)
第3位 岩尾英二(濟々黌・熊本)

第7回(1960年・昭和35年)

男子団体:優勝 国東安岐(大分)
男子個人:
優勝 池田健二(福岡商・福岡)
準優勝 平沢孝雄(新潟商・新潟)
第3位 金沢邦彦(南宇和・愛媛)
第3位 数見徹(和歌山商・和歌山)

第8回(1961年・昭和36年)

男子団体:優勝 嘉穂(福岡)
男子個人:
優勝 古沢里司(新潟商・新潟)
準優勝 小島智士(宮崎西・宮崎)
第3位 松隈嘉憲(糸島・福岡)
第3位 舘岡昭(秋田商・秋田)

第9回(1962年・昭和37年)

男子団体:優勝 嘉穂(福岡)
男子個人:優勝 佐藤国広(中京商・愛知)
準優勝 松崎公照(嘉穂・福岡)
第3位 千葉仁(小牛田農林・宮城)
第3位 下池哲夫(鹿児島商・鹿児島)

第10回(1963年・昭和38年)

男子団体:優勝 鏡野
男子個人:
優勝 久保木文夫(日大・神奈川)
準優勝 川辺武夫(前橋商群馬)
第3位 小暮賀孝(不動岡・埼玉)
第3位 田端正博(早稲田実業・東京)

第11回(1964年・昭和39年)

男子団体:優勝 長狭(千葉)
男子個人:
優勝 福本英男(PL学園・大阪)
準優勝 正木行雄(兵庫・兵庫)
第3位 鎌田進(小牛田農林・宮城)
第3位 沢入博和(相良・静岡)

第12回(1965年・昭和40年)

男子団体:優勝 佐賀北(佐賀)
男子個人: 優勝.桜木哲史(柳川商・福岡)
準優勝 稲吉正幸(桜丘・愛知)
第3位 浜砂一文(宮崎農・宮崎)
第3位 奥山荘太郎(秋田・秋田)

第13回(1966年・昭和42年)

男子団体:優勝 九州学院(熊本)
男子個人:優勝 蒔田 実(PL学園/大阪)
準優勝 興梠隆(北海/北海道)
第3位 若松寿勝(安岐/大分)
第3位 星野尾光弘(香川/香川)

第14回(1967年・昭和43年)

男子団体:優勝 秋田(秋田)
男子個人:優勝 那須信男(宇土/熊本)
準優勝 青柳孝(佐賀北/佐賀)
第3位 蚊谷幸男(星稜/石川)
第3位 伊藤公平(茂原工/千葉)

第15回(1968年・昭和44年)

男子団体:優勝 秋田(秋田)
男子個人: 優勝 轟木利孝(宮崎・宮崎)
準優勝 馬渡博臣(出水/鹿児島)
第3位 大重仲市(鹿児島商・鹿児島)
第3位 黒木貞光(宮崎農/宮崎)

第16回(1969年・昭和45年)

男子団体:優勝 安房(千葉)
女子団体:優勝 八代東(熊本)

男子個人:
優勝 影山照陽(土浦三・茨城)
準優勝 前田穂積(北陸・福井)
第3位 久我尚利(八代東・熊本)
第3位 鎌田健(小牛田農林・宮城)

第17回(1970年・昭和46年)

男子団体:優勝 中京商(岐阜)
女子団体:優勝 八代東(熊本)

男子個人:
優勝 小川英雄(国士舘・東京)
準優勝 大重裕資(鹿児島商・鹿児島)
第3位 畠山隆吉(豊橋商・愛知)
第3位 加藤清嗣(嘉穂・福岡)

第18回(1971年・昭和47年 )

男子団体:優勝 鹿児島商(鹿児島)
女子団体:優勝 鹿児島(鹿児島)

男子個人:
優勝 町吉幸(長崎東・長崎)
準優勝 新家彰(津山東・岡山)
第3位 中村芳文(中京商・愛知)
第3位 佐々木寛(湯沢・秋田)

第19回(1972年・昭和48年)

男子団体:優勝 PL学園(大阪)
女子団体:優勝 鹿児島(鹿児島)

男子個人:
優勝 佐野正男(安房・千葉)
準優勝 池田逸夫(嘉穂・福岡)
第3位 椎葉隆徳(八代東・熊本)
第3位 植木邦男(樹徳・群馬)

第20回(1973年・昭和49年)

男子団体:
優勝 八代東(熊本)
準優勝 PL学園(大阪)
第3位 福大大濠(福岡)
第3位 安房(千葉)
女子団体:優勝 寒河江(山形)

男子個人:
優勝 末金利英(南筑・福岡)
準優勝 横山昭三(八代東・熊本)
第3位 太田進也(向陽・和歌山)
第3位 笠井和広(福大大濠・福岡)

剣道,高校剣道,インターハイ,高校総体,九州学院
ベスト16からはトーナメント方式で争われる。
出典:第65回 全国高等学校剣道大会

第21回(1974年・昭和50年)

男子団体:
優勝 嘉穂(福岡)
準優勝 南筑(福岡)
第3位 PL学園(大阪)
第3位 安岐(大分)
女子団体:優勝 南筑(福岡)

男子個人:
優勝 高梨友重(土浦日大茨城)
準優勝 谷口一也(高知・高知)
第3位 牛島長利(佐賀農・佐賀)
第3位 藤本博文(志度商・香川)

第22回(1975年・昭和51年)

男子団体:
優勝 柳川商業(福岡)
準優勝 琴平(香川)
第3位 PL学園(大阪)
第3位 滝(愛知)
女子団体:優勝 野津(大分)

男子個人:
優勝 香田郡秀(長崎東・長崎)
準優勝 村上誠(琴平・香川)
第3位 大向広(遠野・岩手)
第3位 伊良皆進功(那覇・沖縄)

第23回(1976年・昭和52年)

男子団体:
優勝 PL学園(大阪)
準優勝 小牛田農林(宮城)
第3位 高松南(香川)
第3位 福岡商業(福岡)
女子団体:優勝 八代東(熊本)

男子個人:
優勝 山本雅彦(PL学園・大阪)
準優勝 権丈隆盛(東福岡・福岡)
第3位 三浦孝明(酒田東・山形)
第3位 黒山鉄夫(鹿児島実業・鹿児島)

第24回(1977年・昭和53年)

男子団体:
優勝 西大寺(岡山)
準優勝 東山(京都)
第3位 三重(三重)
第3位 高島(滋賀)
女子団体:優勝 八代東(熊本)

男子個人:
優勝 平田佳弘(西大寺・岡山)
準優勝 蜷川裕(小倉南・福岡)
第3位 二宮明夫(長浜・愛媛)
第3位 山本浩二(高島・滋賀)

第25回(1978年・昭和54年)

男子団体:
優勝 PL学園(大阪)
準優勝 長崎南山(長崎)
第3位 高千穂(宮崎)
第3位 福岡商業(福岡)
女子団体:優勝 野津(大分)

男子個人:
優勝 山中洋介(PL学園・大阪)
準優勝 本田英博(長崎南山・長崎)
第3位 桑原慶二(鹿児島商工・鹿児島)
第3位 岩田正(埼玉栄・埼玉)

第26回(1979年・昭和55年)

男子団体:
優勝 鹿商工(鹿児島)
準優勝 長崎南山(長崎)
第3位 初芝(大阪)
第3位 館山(千葉)
女子団体:優勝 糸島(福岡)

男子個人:
優勝 山下典雄(杵築・大分)
準優勝 清田弘(関西・岡山)
第3位 高堤昭洋(南山・長崎)
第3位 新井常夫(皆野・埼玉)

第27回(1980年・昭和56年)

男子団体:
優勝 八代東(熊本)
準優勝 高千穂(宮崎)
第3位 高知(高知)
第3位 長崎東(長崎)
女子団体:優勝 安岐(大分)

男子個人:
優勝 中島伸一郎(高知・高知)
準優勝 三浦 均(酒田工・山形)
第3位 冨田隆幸(唐津東・佐賀)
第3位 谷口伸一(酒田商・山形)

第28回(1981年・昭和57年)

男子団体:
優勝 PL学園(大阪)
準優勝 新田(愛媛)
第3位 常磐(福岡)
第3位 国士舘(東京)
女子団体:優勝 安岐(大分)

男子個人:
優勝 弥永政美(鹿児島商工・鹿児島)
準優勝 佐賀 豊(PL学園・大阪)
第3位 橋本忠則(秋田南・秋田)
第3位 永留英紀(長崎南山・長崎)

第29回(1982年・昭和58年)

男子団体:
優勝 鹿児島実(鹿児島)
準優勝 八代東(熊本)
第3位 鹿商工(鹿児島)
第3位 琴平(香川)
女子団体:優勝 八代東(熊本)

男子個人:
優勝 石井健次(PL学園・大阪)
準優勝 小野裕一(鎮西・熊本)
第3位 佐賀聡(東海大四・北海道)
第3位 佐藤正明(大分・大分)

第30回(1983年・昭和59年)

男子団体:優勝 八代東(熊本)
準優勝 九産大九州(福岡)
第3位 高千穂(宮崎)
第3位 長崎南山(長崎)
女子団体:優勝 野津(大分)

男子個人:
優勝 若井聖人(PL学園・大阪)
準優勝 栗山太(九産大九州・福岡)
第3位 武田賢(巣鴨・東京)
第3位 吉里泰彦(鎮西・熊本)

第31回(1984年・昭和60年)

男子団体:
優勝 八代東(熊本)
準優勝 正強(奈良)
第3位 高鍋(宮崎)
第3位 秋田南(秋田)
女子団体:優勝 桜美林(東京)

男子個人:優勝 竹中栄一(高千穂・宮崎)
準優勝 稲本幹二(八代東・熊本)
第3位 岡田哲治(西大寺・岡山)
第3位 保坂和彦(秋田中央・秋田)

第32回(1985年・昭和60年)

男子団体:
優勝 国士舘(東京)
準優勝 高千穂(宮崎)
第3位 三養基(佐賀)
第3位 星稜(石川)
女子団体:優勝 PL学園(大阪)

男子個人:
優勝 下橋和彦(鹿児島商工・鹿児島)
準優勝 弓智博(三養基・佐賀)
第3位 斉藤隆文(赤穂・兵庫)
第3位 曽根秀和(和歌山東・和歌山)

第33回(1986年・昭和61年)

男子団体:
優勝 高千穂(宮崎)
準優勝 PL学園(大阪)
第3位 西大寺(岡山)
第3位 常磐(福岡)
女子団体:優勝 高千穂(宮崎)

男子個人:
優勝 市川竜太郎(春日・福岡)
準優勝 高橋直樹(清風・大阪)
第3位 外池大輔(下妻一・茨城)
第3位 田中孝和(済々黌・熊本)

第34回(1987年・昭和62年)

男子団体:
優勝 PL学園(大阪)
準優勝 和歌山東(和歌山)
第3位 札幌第一(北海道)
第3位 常磐(福岡)
女子団体:優勝 PL学園(大阪)

男子個人:
優勝 鍋山隆弘(PL学園・大阪)
準優勝 河野雄一(高千穂・宮崎)
第3位 滝沢和則(新潟商・新潟)
第3位 松尾淳(長崎東・長崎)

第35回(1988年・昭和63年)

男子団体:
優勝 鹿商工(鹿児島)
準優勝 福大大濠(福岡)
第3位 高千穂(宮崎)
第3位 育英(兵庫)
女子団体:優勝 PL学園(大阪)

男子個人:
優勝 福井賢次(琴平・香川)
準優勝 堤 光司(大分・大分)
第3位 福田憲治(長崎東・長崎)
第3位 松村哲(正強・奈良)

第36回(1989年・平成元年)

男子団体:
優勝 PL学園(大阪)
準優勝 正強(奈良)
第3位 小牛田農林(宮城)
第3位 高松南(香川)
女子団体:優勝 PL学園

男子個人:
優勝 山下忠典(宇治・京都)
準優勝 朝日一博(巣鴨商・東京)
第3位 納田真輔(高松南・香川)
第3位 国香利一(育英・兵庫)

第37回(1990年・平成2年)

男子団体:
優勝 阿蘇(熊本)
準優勝 和歌山東(和歌山)
第3位 新潟商業(新潟)
第3位 小牛田農林(宮城)
女子団体:優勝 PL学園(大阪)

男子個人:
優勝 佐藤充伸(小牛田農林・宮城)
準優勝 秋本秀人(PL学園・大阪)
第3位 河内隆浩(西京・山口)
第3位 佐藤清(酒田商・山形)

第38回(1991年・平成3年)

男子団体:
優勝 高千穂(宮崎)
準優勝 習志野(千葉)
第3位 西大寺(岡山)
第3位 栃木南(栃木)
女子団体:優勝 阿蘇(熊本)

男子個人:
優勝 兼松希考(清風・大阪)
準優勝 竹安利邦(PL学園・大阪)
第3位 浅田健二(高千穂・宮崎)
第3位 大門一樹(金沢桜丘・石川)

第39回(1992年・平成4年)

男子団体:
優勝 西大寺(岡山)
準優勝 高輪(東京)
第3位 三養基(佐賀)
第3位 育英(兵庫)
女子団体:優勝 左沢(山形)

男子個人:
優勝 本間彰人(宮崎北・宮崎)
準優勝 福井雅一(東海大四・北海道)
第3位 岩本正和((下松工業・山口)
第3位 小田口享弘(鹿児島商工・鹿児島)

第40回(1993年・平成5年)

男子団体:
優勝 福大大濠(福岡)
準優勝 栃木南(栃木)
第3位 長崎東(長崎)
第3位 福島(福島)
女子団体:優勝 阿蘇(熊本)

男子個人:
優勝 山田 薫(秋田商・秋田)
準優勝 井上英之(沼田・広島)
第3位 来住野研(桐蔭学園・神奈川)
第3位 吉野匡史(東海大菅生・東京)

剣道,高校剣道,インターハイ,高校総体,九州学院
年によってはNHKでの放映もなされる。
出典:NHK Sports

第41回(1994年・平成6年)

男子団体:
優勝 PL学園(大阪)
準優勝 高千穂(宮崎)
第3位 九産大九州(福岡)
第3位 高岡工芸(富山)
女子団体:優勝 長崎西(長崎)

男子個人:
優勝 曽根将臣(和歌山東・和歌山)
準優勝 友枝誠一郎(阿蘇・熊本)
第3位 平岡右照(水戸短大※現水戸葵陵・茨城)
第3位 谷山武士(鹿児島実業・鹿児島)

第42回(1995年・平成 7年)

男子団体:
優勝 福大大濠(福岡)
準優勝 和歌山東(和歌山)
第3位 西大寺(岡山)
第3位 高千穂(宮崎)
女子団体:優勝 阿蘇(熊本)

男子個人:
優勝 平岡右照(水戸短水戸※現水戸葵陵・茨城県)
準優勝 森大樹(福大大濠・福岡県)
第3位 権瓶功泰(新潟明訓・新潟県)
第3位 白石一(長崎南山・長崎県)

第43回(1996年・平成 8年)

男子団体:
優勝 阿蘇(熊本)
準優勝 佐賀学園(佐賀)
第3位長崎南山(長崎)
第3位 習志野(千葉)
女子団体:優勝 阿蘇(熊本)

男子個人:
優勝 糸山仁和(長崎南山・長崎県)
準優勝 和田浩樹(習志野・千葉県)
第3位 斉藤庸介(栃木南・栃木県)
第3位 鳴本敬一郎(祇園北・広島県)

女子個人:
優勝 興梠あゆみ(阿蘇・熊本)
準優勝 緒方有希(熊本市立・熊本)
第3位 高澤薫(木更津中央・千葉)
第3位 小野京子(三重・大分)

第44回(1997年・平成 9年)

男子団体:
優勝 高輪(東京)
準優勝 立命館宇治(京都)
第3位 埼玉栄(埼玉)
第3位 佐伯鶴城(大分)
女子団体:優勝 高千穂

男子個人:
優勝 小津野貴謙(西大寺・岡山県)
準優勝 中野貴裕(日吉ヶ丘・京都府)
第3位 江頭勇輔(龍谷・佐賀県)
第3位 網代忠勝(育英・兵庫県)

女子個人:
優勝 福永香織(阿蘇・熊本)
準優勝 森田陽子(東京成徳・東京)
第3位 杉本早恵子(日吉ヶ丘・京都)
第3位 下村 あずさ(金沢桜丘・石川)

第45回(1998年・平成10年)

男子団体:
優勝 九州学院(熊本)
準優勝 長崎南山(長崎)
第3位 PL学園(大阪)
第3位 和歌山東(和歌山)
女子団体:優勝 左沢

男子個人:
優勝 内村 良一(九州学院・熊本県)
準優勝 江頭勇輔(龍谷・佐賀県)
第3位 網代忠勝(育英・兵庫県)
第3位 小池正人(高輪・東京都)

女子個人:
優勝 筒井公美子(三養基・佐賀)
準優勝 高橋美帆(西京・山口)
第3位 鈴木優子(左沢・山形)
第3位 猪俣幸(新潟明訓・新潟)

第46回(1999年・平成11年)

男子団体:
優勝 龍谷(佐賀)
準優勝 和歌山東(和歌山)
第3位 大分(大分)
第3位 尽誠学園(香川)
女子団体:優勝 阿蘇

男子個人:
優勝 宮川覚次(PL学園・大阪府)
準優勝 西裕幸(鹿児島商業・鹿児島)
第3位 塩崎幸久(長崎南山・長崎県)
第3位 井上斉之(龍谷・佐賀県)

女子個人:
優勝 興梠 舞(阿蘇・熊本)
準優勝 土井千恵(佐賀学園・佐賀)
第3位 衛藤理沙(大分鶴崎・大分)
第3位 溝渕久美(高松商業・香川)

第47回(2000年・平成12年)

男子団体:
優勝 高輪(東京)
準優勝 桐蔭学園(神奈川)
第3位 習志野(千葉)
第3位 高岡工芸(富山)
女子団体:優勝 阿蘇

男子個人:
優勝 佐々木 昭一(習志野・千葉)
準優勝 川野明浩(阿蘇・熊本)
第3位 雨谷武蔵(桐蔭学園・神奈川)
第3位 丸谷恒治(広島皆実・広島)

女子個人:
優勝 坂本亜津沙(高千穂・宮崎)
準優勝 光永聖子(島原・長崎)
第3位 木村真理(太成学院・大阪)
第3位 菊池沙織(水戸葵陵・茨城)

第48回(2001年・平成13年)

男子団体:
優勝 八代東(熊本)
準優勝 鹿沼(栃木)
第3位 育英(兵庫)
第3位 立命館宇治(京都)
女子団体:優勝 阿蘇

男子個人:
優勝 鴻巣晃男(水戸葵陵・茨城)
準優勝 増田幸太郎(桐蔭学園・神奈川)
第3位 芹川勝也(阿蘇・熊本)
第3位 石原大輔(旭丘・愛知)

女子個人:
優勝 木村真理(太成学院・大阪)
準優勝 永原由紀子(龍谷・佐賀)
第3位 北由美子(佐賀学園・佐賀)
第3位 開香織里(守谷・茨城)

第49回(2002年・平成14年)

男子団体:
優勝 桐蔭学園(神奈川)
準優勝 土浦日大(茨城)
第3位 水戸葵陵(茨城)
第3位福大大濠(福岡)
女子団体:優勝 阿蘇

男子個人:
優勝 〆一司(九州学院・熊本)
準優勝 勝連亮太(小牛田農林・宮城)
第3位 高取泰斗(三養基・佐賀)
第3位 平山順也(高知・高知)

女子個人:
優勝 大野文野(中村学園女子・福岡)
準優勝 野崎由香里(阿蘇・熊本)
第3位 有村春香(鹿児島・鹿児島)
第3位 加藤やよい(就実・岡山)

第50回(2003年・平成15年)

男子団体:
優勝 桐蔭学園(神奈川)
準優勝 九州学院(熊本)
第3位 和歌山東(和歌山)
第3位 長崎南山(長崎)
女子団体:優勝 高千穂

男子個人:
優勝 大畑隼人(西大寺・岡山)
第3位 山本健太(長崎南山・長崎)
第3位 近藤祐介(和歌山東・和歌山)
第3位 増田伸(草津東・滋賀)

女子個人:
優勝 大野文野(中村学園女子・福岡)
準優勝 本多美和(大分・大分)
第3位 高橋あさみ(大分・大分)
第3位 石突小百合(八代白百合・熊本)

第51回(2004年・平成16年)

男子団体:
優勝 高輪(東京)
準優勝 阿蘇(熊本)
第3位 大社(島根)
第3位 島原(長崎)
女子団体:優勝 高千穂

男子個人:
優勝 畠中宏輔(和歌山東・和歌山)
準優勝 平田啓(筑紫丘・福岡)
第3位 勝見洋介(倉敷・岡山)
第3位 上田大吾(大社・島根)

女子個人:
優勝 川越愛(鳳凰・鹿児島 )
準優勝 安富清香(磐田西・静岡)
第3位 嘉村睦美(龍谷・佐賀)
第3位 笠谷和美(大分鶴崎・大分)

第52回(2005年・平成17年)

男子団体:
優勝 安房(千葉)
準優勝 桐蔭学園(神奈川)
第3位 九州学院(熊本)
第3位 小山(栃木)
女子団体:優勝 守谷

男子個人:
優勝 川畑竜也(都城東・宮崎)
準優勝 渡邉悠太(若松商業・福島)
第3位 亀田健一郎(東海大四・北海道)
第3位 成田辰訓(桐蔭学園・神奈川)

女子個人:
優勝 鈴木愛梨(左沢・山形)
準優勝 橋本恵(三養基・佐賀)
第3位 宮里華乃子(近大和歌山・和歌山)
第3位 天野加奈子(日吉ヶ丘・京都)

第53回(2006年・平成18年)

男子団体:
優勝 水戸葵陵(茨城)
準優勝 桐蔭学園(神奈川)
第3位 麗澤瑞浪(岐阜)
第3位 小山(栃木)
女子団体:優勝 筑紫台(福岡)

男子個人:
優勝 石田 雄二(高輪・東京)
準優勝 成田辰訓(桐蔭学園・神奈川)
第3位 遅野井直樹(水戸葵陵・茨城)
第3位 金井佑太(水戸葵陵・茨城)

女子個人:
優勝 原口理恵子(西陵・長崎)
準優勝 山本真理子(PL学園・大阪)
第3位 本部世梨華(豊美城・沖縄)
第3位 福富静香(筑紫台・福岡)

第54回(2007年・平成19年)

男子団体:
優勝 龍谷(佐賀)
準優勝 和歌山東(和歌山)
第3位 九州学院(熊本)
第3位 秋田南(秋田)
女子団体:優勝 守谷

男子個人:
優勝 村山仁(酒田商業・山形)
準優勝 岩川力(秋田南・秋田)
第3位 山口敬太(龍谷・佐賀)
第3位 村上雷多(桐蔭学園・神奈川)

女子個人:
優勝 三苫冴(日田・大分)
準優勝 岩澤優希(左沢・山形)
第3位 長南麻里奈(土浦湖北・茨城)
第3位 長澤友美(中村学園女子・福岡)

第55回(2008年・平成20年)

男子団体:
優勝 日田(大分)
準優勝 水戸葵陵(茨城)
第3位 東海大四(北海道)
第3位 高輪(東京)
女子団体:優勝 PL学園

男子個人:
優勝 菅野隆介(小牛田農林・宮城)
準優勝 田島純一(桐蔭学園・神奈川)
第3位 安藤翔(東海大四・北海道)
第3位 武田直大(小牛田農林・宮城)

女子個人:
優勝 寶金由里香(札幌日大・北海道)
準優勝 下井綾子(PL学園・大阪)
第3位 池田咲絵(東京成徳・東京)
第3位 芝田幹江(興譲館・岡山)

第56回(2009年・平成21年)

男子団体:
優勝 水戸葵陵(茨城)
準優勝 桐蔭学園(神奈川)
第3位 九州学院(熊本)
第3位 福大大濠(福岡)
女子団体:優勝 島原(長崎)

男子個人:
優勝 塩谷匡彬(明徳義塾・高知)
準優勝 茂田大貴(九州学院・熊本)
第3位 佐藤裕己(麗澤瑞浪・岐阜)
第3位 渡部晃(桜丘・愛知)

女子個人:
優勝 前田紫帆(PL学園・大阪)
準優勝 小森田渚(島原・長崎)
第3位 江原梢(土浦湖北・茨城)
第3位 高梨奈々(守谷・茨城)

第57回(2010年・平成22年)

男子団体:
優勝 安房(千葉)
準優勝 高千穂(宮崎)
第3位 福大大濠(福岡)
第3位 水戸葵陵(茨城)
女子団体:優勝 筑紫台(福岡)

男子個人:
優勝 千葉由樹(安房・千葉)
準優勝 鶴岡貴大(湯本・福島)
第3位 大貫大輔(安房・千葉)
第3位 入江洋平(島原・長崎)

女子個人:
優勝 松本 弥月(筑紫台・福岡)
準優勝 高橋 萌子(守谷・茨城)
第3位 竹田香波(興譲館・岡山)
第3位 瀬沼あかり(東海大相模・神奈川)

第58回(2011年・平成23年)

男子団体:
優勝 福大大濠(福岡)
準優勝 小山(栃木)
第3位 東海大四(北海道)
第3位 安房(千葉)
女子団体:優勝 守谷(茨城)

男子個人:
優勝 高倉寛矢(水戸葵陵・茨城)
準優勝 尾野大成(東海大四・北海道)
第3位 阪口克哉(鎮西・熊本)
第3位 山下和真(土浦日大・茨城)

女子個人:
優勝 高橋萌子(守谷・茨城)
準優勝 阿部美洸(桐蔭学園・神奈川)
第3位 高橋海(筑紫台・福岡)
第3位 今村舞(中村学園女子・福岡)

第59回(2012年・平成24年)

男子団体:
優勝 桐蔭学園(神奈川)
準優勝 福岡第一(福岡)
第3位 育英(兵庫)
第3位 高輪(東京)
女子団体:優勝 守谷(茨城)

男子個人:
優勝 井手勝也(福岡第一・福岡)
準優勝 加藤峻一郎(秋田商業・秋田)
第3位 村上武(桐蔭学園・神奈川)
第3位 折田将大(鹿児島商業・鹿児島)

女子個人:
優勝 森田れい子(大分・大分)
準優勝 福川菜月(八代白百合・熊本)
第3位 山崎瑠美(島原・長崎)
第3位 武田真弥(新潟商業・新潟)

第60回(2013年・平成25年)

男子団体:優勝 九州学院 (熊本)
女子団体:優勝 島原(長崎)

男子個人:
優勝 佐々木陽一朗(高輪・東京 )
準優勝 曽我貴昭(九州学院・熊本 )
第3位 元吉雄弥(埼玉栄・埼玉 )
第3位 田中芳秀(桐蔭学園・神奈川 )

女子個人:
優勝 大井理緒(阿蘇中央・熊本)
準優勝 板垣佑果(東奥義塾・青森)
第3位 山本杏里(島原・長崎)
第3位 冨永比奈野(帝京第五・愛媛)

剣道,高校剣道,インターハイ,高校総体,九州学院
前人未到の4連覇を含め、常勝として知られる九州学院。
画像出典:西日本新聞

第61回(2014年・平成26年)

男子団体:優勝 九州学院(熊本)
女子団体:優勝 麗澤瑞浪(岐阜)

男子個人:
優勝 中根悠也(水戸葵陵・茨城 )
準優勝 山田凌平(九州学院・熊本 )
第3位 千田海(仙台育英・宮城)
第3位 多賀谷歩(小山・栃木)

女子個人:
優勝 渡邊サチ(阿蘇中央・熊本)
準優勝 井上紗綾(須磨学園・兵庫)
第3位 佐藤みのり(麗澤瑞浪・岐阜)
第3位 本多愛(島原・長崎)

第62回(2015年・平成27年)

男子団体:優勝 九州学院(熊本)
女子団体:優勝 麗澤瑞浪(岐阜)

男子個人:
優勝 齋藤拓仁(東海大相模・神奈川)
準優勝 槌田祐勢(九州学院・熊本)
第3位 塚尾凌河(東奥義塾・青森)
第3位 松﨑賢士郎(島原・長崎)

女子個人:
優勝 竹中美帆(島原・長崎)
準優勝 西口真琴(守谷・茨城)
第3位 桑野こゆき(阿蘇中央・熊本)
第3位 佐藤みのり(麗澤瑞浪・岐阜)

第63回(2016年・平成28年)

男子団体:優勝 九州学院(熊本)
女子団体:優勝 中村学園女子(福岡)

男子個人:
優勝 星子啓太(九州学院・熊本)
準優勝 梶谷彪雅(九州学院・熊本)
第3位 小角朋樹(麗澤瑞浪・岐阜)
第3位 髙山裕貴(奈良大附属・奈良)

女子個人:
優勝 小松加奈(東奥義塾・青森)
準優勝 浅野茉莉亜(東奥義塾・青森)
第3位 松本泉帆(和歌山東・和歌山)
第3位 庄島亜美(白石・佐賀)

第64回(2017年・平成29年)

男子団体:優勝 高千穂(宮﨑)
女子団体:優勝 中村学園女子(福岡)

男子個人:
優勝 岩切勇磨(九州学院・熊本)
準優勝 大平翔士(佐野日大・栃木)
第3位 藤本大地(玉島・岡山)
第3位 長尾和樹(九州学院・熊本)

女子個人:
優勝 妹尾舞香(中村学園女子・福岡)
準優勝 安田夏子(帝京第五・愛媛)
第3位 井手璃々華(国士舘・東京都)
第3位 橋本京佳(日吉ヶ丘・京都)

第65回(2018年・平成30年)

男子団体:優勝 九州学院(熊本)
女子団体:優勝 中村学園女子(福岡)

男子個人:
優勝 大平翔士(佐野日大・栃木)
準優勝 加藤竜成(八頭・鳥取)
第3位 棗田龍介(水戸葵陵・茨城)
第3位 野瀬俊也(磐田東・静岡)

女子個人:
優勝 妹尾舞香(中村学園女子・福岡)
準優勝 渡邊茜(松山北・愛媛)
第3位 池田仁美(日章学園・宮崎)
第3位 齋藤とも(東奥義塾・青森)

第66回(2019年・令和元年)

男子団体:優勝 九州学院
女子団体:優勝 中村学園女子

男子個人:
優勝 池田龍之介(福大大濠・福岡)
準優勝 小川夢希也(敬徳・佐賀)
第3位 斎藤瑞貴(島原・長崎)
第3位 阿比留宏貴(明大中野・東京)

女子個人:
優勝 柿元冴月(守谷・茨城)
準優勝 川合芳奈(東海大翔洋・静岡)
第3位 山本真生(西大寺・岡山)
第3位 古川寛華(三養基・佐賀)

第67回(2029年・令和2年)

新型コロナウイルス感染拡大のため中止

剣道具専門通販セレクトショップ【KENDO PARK】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コアな剣道情報を配信いたします!

【無料メールマガジンを配信いたします!】

KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。
今なら、メルマガ登録で割引クーポン進呈中!

 

  • 有名剣士インタビュー
  • 最新剣道具情報
  • 大会情報

 

剣道を愛し、極め、楽しむ方々へ、有用な情報をしっかり届けてまいります。
是非、無料メルマガにご登録ください。


KENDO PARKへGO

SNSでもご購読できます。