武道具店について

【進化を続ける「かたつむり甲手」の秘密】永武堂 村岡潤一(社長)・佐藤(剣道具師)

永武堂,長崎,かたつむり小手,かたつむり甲手,剣道,kendo

「かたつむり甲手」で有名な長崎県の「永武堂」(えいぶどう)。
創業当初から長崎の地に店を構え、前身となる武道具店から数えて60年以上、「永武堂」の名となってから約50年の歴史を誇ります。

社長の村岡潤一氏と専属剣道具師の佐藤氏にお話を伺いし、これまでの道のりや「かたつむり甲手」が出来るまでの過程、こだわりまでをたっぷりとお話し頂きました。

以下呼称
村岡潤一氏(社長):村岡
佐藤氏(剣道具師):佐藤
KENDO PARK:KP

続きを読む

【外国人エリートから剣道具職人へ】大和武道具製作所 ハン・イエン

大和武道具,伊藤,ハン,剣道,KENDO,防具

「外国人エリートから剣道具職人へ」

〜大和武道具製作所 見習い職人 ハン・イエン〜

戦後の剣道再興期から、約70年もの歴史を誇る大和武道具製作所。
これまで、ほとんど弟子を取ってきませんでしたが、現在一人の見習い職人が働いています。
その名も、ハン・イエン氏。
ブルネイ出身の外国人にして、ロボット工学の研究者として来日した「超エリート」ながら、「剣道具職人」を志すこととなったその想いを伺いました。

(以下 KENDO PARK=KP  ハン・イエン氏=ハン)

続きを読む

【剣道具師としてのセカンドキャリア】剣道具工房「秀」 西川秀司

剣道具工房,秀,秀貴,東京型,宮下悟道,小手,甲手,剣道

「 剣道具師としてのセカンドキャリア」

〜剣道具工房「秀」 西川秀司〜

自身も剣道教士七段であり、「職業訓練校の教員」から「剣道具師」へ転身を遂げた西川秀司氏。
その異色の経歴や剣道具製作にかける想い、さらにはオリジナル銘の小手「秀貴」についてもお伺いしました。

(以下 KENDO PARK=KP  西川秀司氏=西川)

続きを読む

竹刀の世界シェア70%!「信武商事」の商品を一挙ご紹介!

信武商事

剣道家の大抵の人は、「信武商事」の竹刀を、一度は手に取ったことがあるはずです。

なぜなら、「信武商事」は”世界最大の竹刀工場”を持ち、国内流通シェア70%を誇っているからです。

そこで今回は、高品質の竹刀を多く取り扱う「信武商事」の紹介から商品紹介まで一挙ご紹介いたします。

続きを読む

「熊本武蔵堂(竹山商事)」の商品を一挙紹介!”圧倒的在庫力”が魅力!

熊本武蔵堂,竹山商事,武道園

熊本県熊本市に店舗を構える武道具専門店「熊本武蔵堂」。

熊本武蔵堂は「圧倒的な在庫力」を持ち、リージナブルなアイテムを多く扱っています。
中でも竹刀在庫が強みであり、常時1万本以上を備えています。

そんな「熊本武蔵堂」の紹介から、商品ラインナップまで幅広く紹介していきます。

続きを読む

「ENN LIVING WORKS」の剣道アパレルグッズをご紹介!〜藍染刺子生地を世界へ〜

enn living works,剣道,アパレル,グッズ

「藍染」と「刺子織」の魅力を世界に広めるため、剣道着の生地を使用したオリジナルアパレルグッズで知られる「ENN LIVING WORKS」。
2018年世界剣道選手権の日本選手団が、大会中のボディーバッグとして使用したことでも有名です。

ギフトにも最適な、至極の商品ラインナップをご紹介していきます。

続きを読む

「伊勢守」の剣道アパレル&ギフト商品を大紹介!〜剣道のある日常〜

伊勢守 / isenokami

クリエイティブディレクターとして、業界でも有名な存在である阿部晶人氏。
全日本剣道連盟のオリジナルマスコットキャラクター「ぶしし」の生みの親としても、よく知られています。

今回は阿部氏が手がけるデザイン剣道グッズ「伊勢守」のアパレル及びギフト商品を一挙紹介していきます。

続きを読む

【「KIZUNA」商品ラインナップをご紹介!】〜選手目線とデザイン性〜

熊本県菊池市に店舗を構える武道具専門店「KIZUNA」。
代表の諏訪元大介氏は、世代トップの名選手としての経験を踏まえながら、選手目線と大胆なデザインで、唯一無二の剣道具を開発し続けています。

「”琥武羅 コブラ”」シリーズ、多種類のトート型防具袋など、「実用性」と「デザイン性」を求め多くの剣道家から支持されている大人気武道具店です。

そんな「KIZUNA」の紹介から商品ラインナップまで、幅広くご紹介していきます。

続きを読む