【剣道家が実践すべき、たった2つのポイント】’15年世界剣道選手権日本代表 村瀬諒(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
'15世界剣道選手権日本代表 村瀬諒01

 

▼スペシャルインタビュー▼

 

第一部「剣道家が実践すべき、たった2つのポイント

〜2015年世界剣道選手権日本代表 村瀬諒〜

 

(以下 KENDO PARK=KP   村瀬諒=村瀬)

 

今回は2015年世界剣道選手権日本代表、

村瀬諒選手にインタビューいたしました。

 

世界の舞台で戦う村瀬選手ですが、

社会人剣道家向けにわかりやすくお話いただきました。

 

今回は第一部を掲載いたしますので、ご覧ください。

 


-村瀬諒-

1993年生 神奈川県出身

全国中学校剣道大会団体3位。

日本体育大学荏原高校時代には国体東京都代表に選出。

その後日本体育大学に進学し、2年時に全日本学生剣道選手権優勝。

4年時には全日本学生剣道選手権準優勝、関東学生剣道優勝大会優勝。

同時期に第16回世界剣道選手権日本代表に選出され、個人戦ベスト8。

卒業後は日体桜華高校へ奉職し、現剣道部顧問。

直近では全国教職員剣道大会個人優勝・団体準優勝。

全日本都道府県対抗剣道優勝大会優勝。


|相手の竹刀を触ってから仕掛ける

KP:

全日本学生選手権優勝、世界選手権出場、そして昨年は全国教職員大会でも優勝をなさいました。

今や、名実ともに日本のトップ選手でいらっしゃいます。

 

 

村瀬:

振り返ると全日本学生選手権で優勝してから、一気に道が開けた感じです。

そこから全日本合宿に呼ばれるようになり、本当に環境が変わりました。

 

 

KP:

最終的には日本代表に選出されました。

傍目から見ても、フィジカル面等で相当変化があったのではないでしょうか?

 

 

村瀬:

そうですね。全日本合宿に呼んで頂いた当初は、とにかく食らいついてく事を考えていました。

食らいついていくうちに、自然とフィジカル面でも技術面でも強くなっていったように思います。

 

'15世界剣道選手権日本代表 村瀬諒01

技術的なことから剣道への想いまで、幅広く語って頂きました。

 

KP:

日本体育大学を卒業されて、現在は日体桜華高校剣道部の顧問をなさっていらっしゃいます。

社会人となって変化はありますか?

 

 

村瀬:

もともと日体大では毎日朝練を行い、夕方も3時間以上稽古を行っていました。

 

今は生徒との稽古はもちろんのこと、近所の道場や日体大の稽古、高体連の稽古会等も活用してあらゆるところで稽古をしています。

また運動能力を維持するためにも、ロードワークを行うこともあります。

 

 

KP:

稽古での意識に変化はありますか?

 

 

村瀬:

今はプレイヤーであると同時に、”人に教える”立場におりますので、所謂”理合い”を求めて稽古をするようになりました。

 

 

KP:

”理合い”を具体的に教えてください。

 

 

村瀬:

私の中で一つ意識しているのは、「相手の竹刀を触ること」です。

私自身、相手の竹刀への接触なしに技は出せないと思っています。

 

もちろん今は年齢も若いので、ある程度運動能力で試合に勝つことはできますが、稽古量が多い警察官の選手等に対抗していくには、

こういったところを磨いていくべきだと考えています。

 

生徒達にも、基本打ちの段階から相手の竹刀を触ってから打つことを徹底させています。

 

 

KP:

「相手の竹刀を触る」と言う表現は、わかりやすくて良いですね。

一方で、生徒たちにはかなり難しいのではないでしょうか?

 

 

村瀬:

これは意識付けと同時に、基立ちがかなり重要になってきます。

見た目にはどちらが懸かる側なのかわからない”ような状態を、理想としています。

私自身も生徒たちの基立ちをする際は、打突を引き出すようにしています。

 

生徒たちもはじめは全くできませんでしたが、続けるうちにかなりできるようになってきました。

もちろんまだまだですが、意識的に続ければ身についてくると思います。

 

|体重移動を意識する

KP:

他に社会人剣道家や”リバ剣”の方々でも取り組める要素はありますか?

 

 

村瀬:

体重移動」ですね。

もっと具体的に言えば、「腰の高さを変えずに40cm移動する」と表現すればわかりやすいと思います。

ポイントは以下です。

 

・腰の高さを変えない

・歩く延長で、大股で前に出るイメージ

 

ここで注意したいのは、変に足を上げたりすると、結局元の位置に戻ってしまいます。

いわゆる”戻り足”というやつです。そうではなく、あくまで”大股一歩”をイメージしてください。

 

 

KP:

これならすぐに実践できますし、家でも練習できますね。

 

 

村瀬:

そうですね。私自身、これからも長く剣道を続けていきたいので、その観点からもこの2点はずっと意識しています。

 

もちろん今は選手として剣道をしているので、勝負にもこだわりたいと思っています。

 

'15世界剣道選手権日本代表 村瀬諒02

技術的なことから剣道への想いまで、幅広く語って頂きました。

 

<次号へ続く>

 

運営から:

世界と戦う村瀬選手ですが、ポイントを絞ってわかりやすくお話いただきました。

「体重移動」を身につけてから、「相手の竹刀を触ること」を実践すると、運動能力に頼らない正しい剣道が身につくのではとのとこでした。

防具選びや、あの得意技についても解説頂きましたので、そちらは次回掲載いたします。

 

剣道具専門セレクトショップ【KENDO PARK】

KENDOPARK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コアな剣道情報を配信いたします!

【無料メールマガジンを配信いたします!】

KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。

 

  • 有名剣士インタビュー
  • 最新トレンド剣道具情報
  • 大会情報

 

剣道を愛し、極め、楽しむ方々へ、有用な情報をしっかり届けてまいります。

是非、無料メルマガにご登録ください。


KENDO PARKへGO

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*