【剣道着(道衣・袴)の選び方】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
剣道着

剣道を始めた時、必ず必要になる剣道着。

 

ご存知の通り、剣道着には「道衣」と「袴」がございますが、昔に比べると本当に色々な種類が出てきております。

 

洗いやすさ・見た目・耐久性等、それぞれ特徴が異なりますので、

わかりやすく比較していきたいと思います。

 

|種類と特徴を知る

一口に剣道着といっても、いろいろなタイプのものが出ております。

その種類と特徴を整理します。

 

道衣

・二重

一般に最高級品とされており、綿素材で藍染のものがほとんどです。

大変厚いため吸汗性は優れるものの、乾きが遅く手入れが難しいタイプです。※1

 

見た目の重厚感は抜群なため、高段者の方が審査等で着用しているのを見かけます。

とはいえ、使い勝手が必ずしも良いわけではないため、近年はあまり人気がないように思います。

 

打ち込みの番手によって、値段が異なります。※2

二重道衣

二重道衣の一例

 

・一重

二重よりも薄いタイプで、一般に綿素材で藍染のものを指すことが多いです。

見た目も良く動きを阻害することもないので、試合や審査等でも広く使用されています。

一方で、綿素材にして藍染のものですので、多少手入れがしにくいという特徴があります。※1

 

打ち込みの番手によって、値段が異なります。※2

一重

一重道衣の一例

 

・メッシュ

生地の網目がメッシュ状になっているものを指します。

素材は綿のものから化学繊維ものまでありますが、乾きやすく夏場でも快適です。

一方で比較的薄くメッシュ状であるため、見た目の重厚感は多少失われます。

 

とはいえ暑い夏の稽古では、着用している方はかなり多いです。

大会の際に複数枚持ち込んで、数試合毎に着替える選手もいらっしゃるようです。

メッシュ道衣

メッシュ道衣の一例

 

・ジャージ

一般に化学繊維(ポリエステル・レーヨン等)を使用した生地のものを指します。

軽量・速乾にして、洗濯機にて洗濯可能なので、特に学生等には重宝されています。※1

稽古量が多い方は、練習用として1枚は所有しておきたいところです。

 

一方で吸汗性が低く臭いがつきやすいので、こまめに洗う必要があります。

見た目も重厚感はあまりないので、審査や試合で着用している選手は少ないように思います。

ジャージ道衣

ジャージ道衣の一例

 

・綿

一般的に、綿素材で藍染の袴を指します。

見た目が美しく、試合や審査でも着用している方は多いです。

 

吸汗性が高い一方で、乾きが遅く手入れが難しいタイプです。※1

そのため小学生であると、着用している方は少ないように思います。

 

打ち込みの番手によって、値段が異なります。※2

綿袴

綿袴の一例

 

・テトロン

一般的に、ポリエステル素材を使用した袴を指します。

軽量・速乾にして、洗っても比較的ヒダが取れにくいので、特に学生等には重宝されています。※1

 

一方で吸汗性が低く臭いがつきやすいので、 こまめに洗う必要があります。

見た目も重厚感はあまりないので、審査等では着用している方は少ないように思います。

テトロン袴

テトロン袴の一例

 

※1 洗濯機での洗濯にあたっては、いずれの生地も多少痛む可能性がございます。

参考:【剣道具・防具の保管方法】

 

※2 一般に「〜番」や「♯〜」と表記されるものです。

1インチ角の面積に対する、木綿糸の打ち込み数を指します。

一般にこの値が高い方が、高級品とされています。

 

 

KENDO PARKでは、様々な種類の剣道着を取り揃えております。

この機会に是非ご利用ください。

 

▼KENDO PARKの剣道着(道衣・袴)ラインナップはこちらよりご覧下さい。▼

初心者の服装01

剣道着(道衣・袴)ラインナップはこちら

 

剣道具専門セレクトショップ【KENDO PARK】

KENDOPARK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コアな剣道情報を配信いたします!

【無料メールマガジンを配信いたします!】

KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。

 

  • 有名剣士インタビュー
  • 最新トレンド剣道具情報
  • 大会情報

 

剣道を愛し、極め、楽しむ方々へ、有用な情報をしっかり届けてまいります。

是非、無料メルマガにご登録ください。


KENDO PARKへGO

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*