【竹刀特集|選び方とおすすめ商品】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
竹刀の種類

竹刀には長さ、重さ、太さなど様々な種類のものがあります。

 

公式戦には規定もありますし、どのような剣道をするのかによっても選ぶ竹刀は変わってきます。

自身に合う竹刀を、どのように選べばよいかをご紹介致します。

KENDO PARK

|公式戦の竹刀規定

竹刀を選ぶにあたって、全日本剣道連盟が定めた規定があります。

試合にはどんな竹刀を使ってもよいわけではなく、年齢と性別によって試合に使ってよい長さ、重さ、太さに違いがあります。

 

小学生以下の場合(3尺〜3尺6寸)

小学生が使用する竹刀は、低学年が3.0(さぶぜろ=3尺)、3.2(さぶに=3尺2寸)、3.3(さぶさん=3尺3寸)を使用します。

高学年は、3.4(さぶよん=3尺4寸)、3.5(さぶご=3尺5寸)、3.6(さぶろく=3尺6寸)を使用します。

 

小学生の間は、身長に合わせてどの竹刀を使用するか選ぶことが多く、一般に「足から脇と肩の中間地点までの長さと同じ」が丁度よいとされています。

 

中学生の場合(3尺7寸)

中学生以上では、多くの公式戦で竹刀検量があります。

その際に、長さと重さがあらかじめ規定されています。

 

長さ:男女共通3.7(さぶなな・さぶしち=3尺7寸=約114cm)以下

重さ:男性440g以上 女性400g以上

太さ:男性先革直径25mm以上 女性先革直径24mm以上

 

高校生の場合(3尺8寸)

高校生の公式戦では、厳格な竹刀検量が実施されます。

 

長さ:男女共通3.8(さぶはち=3尺8寸=約117cm)以下

重さ:男性480g以上 女性420g以上

太さ:男性先革直径26mm以上 女性先革直径25mm以上

 

大学生・一般の場合(3尺9寸竹刀)

大学生以上では、竹刀規定は統一されます。

一般の方も、以下の規定が適用されます。

 

長さ:男女共通3.9(さぶはち=3尺9寸=約120cm)以下

重さ:男性510g以上 女性440g以上

太さ:男性先革直径26mm以上 女性先革直径25mm以上

 

剣道における竹刀での攻防

竹刀にも様々なタイプがある

 

剣道具専門通販セレクトショップ【KENDO PARK】竹刀ページ

https://kendopark.jp/products/list?category_id=6

 

|重心別タイプ

竹刀には、重心別に3種類あります。

 

通常・普及型

最も一般的な竹刀です。

重心も、いわゆる通常のものを指します。

 

▼商品例(クリックで商品ページへジャンプします)▼

 

胴張型・実戦型(どうばりがた)

竹刀のうち、最も膨らんでいる節の部分が太くなっている竹刀です。

重心が手元寄りにあるため、軽く感じます。

剣先をさらに細くしたものを、実戦型と呼ぶ事もあります。

操作性が高く、近間での連続技、引き技が得意な人が好んで使う傾向があります。

一方で、若干打突の強さや耐久性に劣ります。

 

▼商品例(クリックで商品ページへジャンプします)▼

 

 

古刀型(ことうがた)

比較的節の部分の凹凸やふくらみが少なく、全長に渡って太さの変化が少ない竹刀です。

重心が剣先寄りとなり、打突の強さや打感を重視する人が好む竹刀です。

比較的耐久性が高い事も特徴ですが、一方で操作性には優れません。

 

▼商品例(クリックで商品ページへジャンプします)▼

 

 

剣道具専門通販セレクトショップ【KENDO PARK】竹刀ページ

https://kendopark.jp/products/list?category_id=6

 

|柄別タイプ

竹刀のグリップ部を指す柄にも、いくつか種類があります。

 

丸型

市販の竹刀で一番多いタイプで、柄の形状が円形のものです。

新たに剣道を始める方は、まずこれを使用するのがよいでしょう。

 

小判型

柄の形状が楕円形になっているタイプです。

日本刀の形状に近く、握りや刃筋の正しさや握りの矯正を目的に使用することが多いです。

 

▼商品例(クリックで商品ページへジャンプします)▼

並製小判型竹刀【颯爽】

並製小判型竹刀【颯爽】

 

八角型

柄の形状が八角形になっているタイプです。

角が多い分、手にかかりやすく操作性が高いのが特徴です

一方で製作が難しい分、流通量が少なく割高といわれています。

 

▼商品例(クリックで商品ページへジャンプします)▼

 

 

八角小判型

柄の形状が楕円形かつ、八角形になっているタイプです。

刃筋の正しさや、操作性にこだわる選手に使われているタイプです

八角型と同様、流通量が少なく割高といわれています。

 

▼商品例(クリックで商品ページへジャンプします)▼

 

 

剣道具専門通販セレクトショップ【KENDO PARK】竹刀ページ

https://kendopark.jp/products/list?category_id=6

 

柄細型

柄が細く、手の小さい選手用の竹刀です。

手元が細い分、重心が剣先によっているのも特徴です。

それにより、持った感覚は通常の竹刀より重く感じます。

 

柄太型

柄が太く、手の大きい選手用の竹刀です。

重心が手元に寄っているので、剣先が軽く操作性が高いもの特徴です。

 

柄短型

柄が短めになっている竹刀です。

小技ではなく、遠間からの面や突き技を得意とする選手が好んで使う傾向があります。

 

柄長型

柄が長めになっている竹刀です。

近い間合いでの操作性や、小手技、引き技等を得意とする選手が好んで使う傾向があります。

 

剣道具専門通販セレクトショップ【KENDO PARK】竹刀ページ

https://kendopark.jp/products/list?category_id=6

 

|素材別タイプ

竹刀の素材は、大きく分けて3つあります。

 

桂竹(けいちく)

最も普及している素材です。

比較的安価なので、練習用で使う人が多いです。

現在流通している桂竹竹刀のほとんどは、台湾産といわれています。

 

真竹(まだけ)

高級な竹の素材で作られており、値段も比較的高額になります。

比較的硬めでしなりが少なく、打感がしっかりとしているのが特徴です。

耐久性も高いため、試合用や高段者用として使用される傾向にあります。

 

カーボン

炭素素材のカーボン製竹刀です。

竹のように割れたり破損することが少なく、手入れが容易なため小中学生を中心に使用されています。

 

一方で、竹よりもはるかにしなりが大きいため、打感や打突時の音はかなり劣ることから試合ではあまり使われません。

また高校生以上は、しなりの大きさが突き技にそぐわないという側面もあります。

 

破損が少ない代わりに、1本が約2万円と高価であることも特徴です。

 

カーボン竹刀

カーボン竹刀

画像出典:明倫産業公式HP

 

剣道具専門通販セレクトショップ【KENDO PARK】竹刀ページ

https://kendopark.jp/products/list?category_id=6

 

|ブランド竹刀

有名なブランド竹刀を紹介します。

特に日本でも数少ない”竹刀師”による手作り竹刀は、生産量が少なく大変貴重な一品です。

 

西野作:国産真竹竹刀【弘光作】

埼玉県の竹刀師「西野」による、手作り真竹竹刀です。

手作りらしい武骨なつくりが特徴です。

 

▼商品例(クリックで商品ページへジャンプします)▼

西野作国産真竹竹刀【弘光作】

西野作:国産真竹竹刀【弘光作】

森本作:国産真竹竹刀【和】 

名工竹刀師「森本」による、手作り真竹竹刀です。

確かな技術と経験に裏付けられた、繊細なつくりが特徴です。

 

▼商品例(クリックで商品ページへジャンプします)▼

森本作国産真竹竹刀【和】

森本作国産真竹竹刀【和】

山口吉昭作:国産真竹竹刀【比叡】

※2018年5月をもちまして、惜しまれながら竹刀製作を終了しております。

 

滋賀県の竹刀師「山口吉昭」による、手作り真竹竹刀です。

約50年もの間、竹刀だけを作り続けてきた名工の貴重な一品です。

 

山口吉昭竹刀製作所01

竹刀師:山口吉昭氏

 

剣道具専門通販セレクトショップ【KENDO PARK】竹刀ページ

https://kendopark.jp/products/list?category_id=6

 

|竹刀選びにあたって

一言に竹刀と言っても、試合用には規定があり、重心や柄の形状、材質やブランドなど様々なものがあります。

例えば練習用では重い竹刀を使い、試合用では軽い竹刀を使う。

試合用も複数のパターンの竹刀を用意しておき、対戦相手の剣風によって使い分ける。

このように、場面によって使い分けるのも良いでしょう。

 

また同じ種類の竹刀でも、持ったときの感覚はそれぞれ異なるものです。

自分の感覚やプレイスタイルに合う竹刀を探しましょう。

 

参考記事:【世界最大の竹刀工場を歩く】宏達(信武商事)

宏達インドネシア竹刀工場

 

剣道具専門セレクトショップ【KENDO PARK】

KENDOPARK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コアな剣道情報を配信いたします!

【無料メールマガジンを配信いたします!】

KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。

 

  • 有名剣士インタビュー
  • 最新トレンド剣道具情報
  • 大会情報

 

剣道を愛し、極め、楽しむ方々へ、有用な情報をしっかり届けてまいります。

是非、無料メルマガにご登録ください。


KENDO PARKへGO

SNSでもご購読できます。