【仁】栄光武道具の上製剣道具(防具)シリーズを徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本記事では、栄光武道具のブランド「仁」シリーズの剣道具(以下 防具)を詳しくご紹介します。

世界でも最上級の技術を持ち、剣道具製作でも長い歴史を誇るフィリピン工場で製造されています。
全体的に防具の主目的と言える、「防ぐ」事をしっかり意識していながら、現代のニーズに応えており、稽古でも実践でも使える本格派の防具といえます。

大手武道具店の栄光武道具の最新シリーズという事もあり、自信を持っておススメできる逸品です。

KENDO PARK

|【仁】ブランドとは?

「仁」は2017年から製作を開始した、栄光武道具(@埼玉県)のオリジナルブランドです。
経験豊富な剣道具職人により、昔ながらの製造過程で製作され、新しいブランドながら近年の「薄い・軽い・短い」に偏りすぎない仕様が特徴です。

「仁」シリーズの魅力は、作り手が細部にまでこだわっているところにあります。
海外工場でありながら、1980年代に操業を開始した老舗で、当時から在籍する職人が製作を手掛けています。
操業当初の製作手法を最大限踏襲し、現代のエッセンスを加えて作られています。

仁シリーズには、それぞれタイプによって異なる魅力や強みがあり、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。

参考記事:【剣道具を前へ進める】栄光武道具 間所義明

|エントリーモデル【仁】8mm織刺

丈夫で使いやすくシンプルに

「仁」シリーズのエントリーモデルといえるのが、「8mm織刺」タイプです。
高密度低反発の布団を特徴としている「仁」において、モチモチした独特の感触の布団の効果を最大限に感じる事が出来る防具だと言えます。

通常、防具は刺し幅が大きければ大きい程、打突の衝撃を吸収します。
高い衝撃吸収性や耐久性に加え、8mm刺とかなり広めに刺幅を取り、稽古量の多い学生や指導者向きと言えます。

値段も「仁」シリーズで最も廉価で、幅広く手に取りやすいモデルと言えるでしょう。

※セット価格:税抜76,000円(2020年現在)

【仁】8mm 織刺セット

【仁】8mm 織刺セットの購入はこちらから

【仁】8mm 織刺 面

「仁」シリーズオリジナル布団に、”イセ込み”という打突を受ける最上部に空洞とクッション材を入れており、頭部における高い衝撃吸収を可能にしています。
(「仁」シリーズ共通)

また特徴として、デザインのシンプルさが挙げられます。
面の突垂はバツ飾り、胴の胸飾も総刺となっており、玄人好みでシンプルな装飾です。
学生や社会人、指導者等を問わず日常使いとして使用いただけます。
厳しい稽古から試合まで、幅広くお使いいただけるのでおすすめです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-8-1024x576.jpg です
【仁】8mm 織刺 面の購入はこちらから

【仁】8mm織刺 小手

合成皮革を各防具のヘリ部分に用いたり、垂の腹部の擦れ止め、小手は手の内をウルトラスエード、内側をシルリードにした事で夏場の激しい稽古に対応しています。
布団部分も糸切れやほつれ、汗による痛みを軽減するための芯材、糸の縫い方や素材に妥協せずに作られております。
デザイン性もシンプルであり、使用用途を選びません。

【仁】8mm織刺 小手の購入はこちらから

【仁】8mm 織刺 垂

合成皮革の使用や妥協のない布団部分の製造と縫製により、ハイクオリティーな見た目を可能にしています。

さらに手入れの簡易さも特徴です。
素材の1つである合成皮革は、鹿革の様な細かい手入れを必要としません。
また織刺の布団は汗の抜けが早く、稽古量の多い方の使用に対して相性の良い刺し方です。

また藍染めも上製のものを使用し、色落ちしにくい仕様です。

【仁】8mm 織刺 垂の購入はこちらから

|顎ヘリ紺鹿革【仁】6mm織刺

紺革使用で高級感を演出

「顎ヘリ紺鹿革」タイプは6mm刺を採用し、上記の8mmタイプと同様、高い耐久性を持つ「仁」オリジナル布団を用いています。

8mm刺に比べて刺幅が狭いため、より耐久性と形状記憶性を高めています。
一方で、8mmよりも若干硬めとなるため、「柔らかすぎない」装着感が好みな方向けです。

顎とヘリに紺鹿革を使用しており、織刺タイプながら見た目の高級感やスマートさも兼ね備えています。

※セット価格:税抜99,000円(2020年現在)

【仁】顎ヘリ紺鹿革織刺 セット

【仁】6mm顎ヘリ紺鹿革 セットの購入はこちらから

【仁】顎ヘリ紺革織刺 面

まず具体的な防具の特徴についてです。
”イセ込み”という打突を受ける最上部に空洞とクッション材を入れており、頭部における高い衝撃吸収を可能にしています。
(「仁」シリーズ共通)

面金はジュラルミン(軽合金)を用い、軽くて丈夫です。

面垂はナナメ刺を用い、型のつけやすさと見た目のシャープさを備えています。
面縁の綴じ数が平均的な面よりも格段に多く(68つ)、ここからも職人のこだわりを強く感じていただけます

「仁」シリーズの特性でもある、上質なフェルト芯材を使用することで、高い衝撃吸収性を実現しています。

袋仕立てとなっており、現代的な作りで打突時に腕を伸ばしやすいです。
顔が触れる内輪は木綿で作られ、顔の形にしっかり馴染みます。

顎とへり部分は紺鹿革仕立てとなっています。

【仁】6mm織刺防具 顎ヘリ紺鹿革 面の購入はこちらから

【仁】顎ヘリ紺鹿革織刺 小手

小手は実戦的な形を採用しつつ、しっかりと手を守るための十分な芯材と小手頭を使っています。
小手頭は織刺、手の内はウルトラスエード、裏側はシルリードを使用しており、汗の抜けや速乾性が高く耐久性も高いです。

【仁】6mm織刺 ヘリ紺鹿革小手の購入はこちらから

【仁】顎ヘリ紺鹿革織刺 垂

垂もオーソドックスで使いやすい仕様です。

腹部には擦れない様に擦れ止めを追加し、長い使用にも耐える事ができます。
フェルトのみではなく、手刺防具と同じフェルトと綿を使った作り方で製作します。

ヘリ部分に紺鹿革を使用し、織刺タイプながら高級感のある仕上がりになっています。

【仁】6mm織刺 ヘリ紺鹿革 垂の購入はこちらから

|【仁】手刺のクオリティとは?

「仁」シリーズでは、手刺防具も製作しています。
ミシン刺と同様、製造工程を省く事なく丁寧に細かい部分までしっかり作っています。

手刺防具の布団は、一般に「点刺」という手法で作られており、1本の糸を内側に隠すように縫いあげていきます。
厚い布団を手作業で縫う事と糸を締める作業を、職人が根気と時間をかけて行っています。
これにより、完成時にはコシ(しなやかさ)のある、美しさと耐久性のある布団に仕上がります。

参考記事:厳選!【手刺剣道防具の選び方とオススメ手刺防具3選】

|2分刺の魅力

最高性能で届ける’手刺しの仁’

1.5分刺は大体4.5mm、2分刺は大体6mmの差幅です。
一般に刺幅が狭い(細かい)と硬めに、幅が広いと柔らかくなります。
(もちろん刺し方にもよります)

その中で、2分〜2.5分刺は手刺ならではのコシと柔軟性を感じやすい刺幅と言われています。
また、1分や1.5分刺よりも刺回数が少ない分安価であるため、手が届きやすいとも言えるでしょう。

ミシン刺と同様に「仁」シリーズオリジナルの芯材を使用し、高い耐久性と機能性を併せ持つ独自の布団となっています。
工場古参の職人が手がけており、1針1針刺しています。

※総織刺セット価格:税抜148,000円(2020年現在)

【仁】2分手刺 総織刺 セット

【仁】2分手刺 総織刺 セットの購入はこちらから

【仁】2分手刺 総織刺 面

”イセ込み”という打突を受ける最上部に空洞とクッション材を入れており、頭部における高い衝撃吸収を可能にしています。
(「仁」シリーズ共通)

そして綴じ革を厚くし、長年のご使用にもしっかり対応しています。
面垂は具の目刺(グノメ刺)で型の付き方が良く、打突の邪魔をしない柔らか且つ程よいハリのある手刺ならではの仕上がりになっています。

面金はジュラルミンですが、チタンにも変更可能です。

【仁】2分手刺 総織刺 面の購入はこちらから

【仁】2分手刺 総織刺 小手

小手は手刺のしっとりとした感覚がありつつ、指の収まりが良いです。

丁寧に縫い込んだ小手筒は、衝撃吸収と見た目の良さがあります。
手の内はアイレザー、内側はシルリードですが、鹿革にも変更出来ます。

【仁】2分手刺 総織刺 小手の購入はこちらから

【仁】2分手刺 総織刺 垂

垂は、手刺の良さを最も感じられる部分です。
コシがあり、型を付けやすく見た目も良い額刺で製作します。
擦れ止めも付いているので長く使用出来ます。

ヘリは紺鹿革で、全体として大変美しい仕上がりです。

【仁】2分手刺 総織刺 垂の購入はこちらから

相談次第で、各部のデザイン変更が可能なのでオリジナルの防具を作れます。
高性能なミシン刺しの仁に手刺しという大きな要素を加えた事で、仁がさらに進化し抜群の高級感と使用感を成しています。

|【仁】最高ランク総紺革1.5分刺

「仁」が可能にする”立ち姿”

1.5分刺(=約4.5mm)は、手刺防具の中でも最も細かい刺幅の部類のタイプです。
1.5分は刺幅が細かいため、ミシン刺では硬くなりすぎてしまい、手刺でしか製作が難しい刺幅といえます。

全体に紺鹿皮を使用し、場所と機会を選ばず、圧倒的な存在感を放ちます。
防具の中でも最も高価な部類に入りますが、それ以上に価値がある最高級の防具である事は間違いありません。

身に付けることで、気位も高まるばかりか、その立ち姿に美しさすら漂うことでしょう。
尚、「【仁】 手刺総紺革」は、2分刺と1.5分刺の両方を選択できるようになっています。

※総紺革2分セット価格:税抜319,500円(2020年現在)
※総紺革1.5分セット価格:税抜394,500円(2020年現在)

【仁】1.5分/2分刺 手刺総紺革 セット

【仁】1.5分/2分刺 手刺総紺革 セットの購入はこちらから

前述した2分刺と同様の性能を持ち、素材やデザインもお好みに変更する事が出来ます。
1.5分刺で仕立てる事によって、2分刺よりもさらに手刺しの特徴である、柔軟性と硬さを併せ持つコシの強いしなやかな布団を生み出します。

また”イセ込み”という打突を受ける最上部に空洞とクッション材を入れており、頭部における高い衝撃吸収を可能にしています。
(「仁」シリーズ共通)

【仁】1.5分/2分手刺 総紺革 面

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-12-1024x576.jpg です
【仁】1.5分/2分手刺 総紺革 面の購入はこちらから

【仁】1.5分/2分手刺 総紺革 小手

手刺防具はミシン刺の防具よりもハリがあり、身に付ける者との一体感が高いのが特徴です。

その分操作性も高く、安定した手の内と技のキレを生み出します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-14-1024x576.jpg です
【仁】1.5分/2分手刺 総紺革 小手の購入はこちらから

【仁】1.5分/2分手刺 総紺革 垂

腹帯にも紺鹿皮を施し、使うほどに体型に合わせて成形されていきます。
また、全体の高貴さと素材の強さを生み出しています。

コシがある上に、他にはない美しさを持ちます。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-16-1024x576.jpg です
【仁】1.5分/2分手刺 総紺革 垂の購入はこちらから

|【仁】シリーズに触れてみよう!

本記事では、栄光武道具の新しいシリーズの仁について記載致しました。

使用場面を問わず、シンプルなデザインが特徴です。
また長い歴史を誇る工場で製作されるオリジナルの布団は、剣道家の間でも高く評価されています。

比較的手に取りやすい織刺タイプから、高級感溢れる手刺タイプまで、豊富なラインナップがあるため、皆さんの剣道ライフに合わせたタイプを選ぶことができます。

是非一度手に撮ってみては如何でしょうか。

剣道具専門通販セレクトショップ【KENDO PARK】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コアな剣道情報を配信いたします!

【無料メールマガジンを配信いたします!】

KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。

 

  • 有名剣士インタビュー
  • 最新トレンド剣道具情報
  • 大会情報

 

剣道を愛し、極め、楽しむ方々へ、有用な情報をしっかり届けてまいります。

是非、無料メルマガにご登録ください。


KENDO PARKへGO

SNSでもご購読できます。