1. TOP
  2. 店舗一覧
  3. 熊本武蔵堂

熊本武蔵堂

圧倒的な在庫力を持つ、熊本の剣道具メーカー。
竹刀在庫は、常時1万本以上を誇る。
旧「オガタ武道具工業」を継承しており、リーズナブルなアイテムを多く扱っている。
【片手用】”フリセン”素振刀

約650g・45cm・木製

¥ 4,983

・片手用素振り木刀(竹刀型)
・室内使用も安心
・柄小判型
・選べるカラー
【両手用】”フリセン”素振り用竹刀

約1,000g・71cm

¥ 7,333

・両手用素振り竹刀
・室内使用も安心
・選べるカラー
「燻竹」竹刀10本セット(30~39)

新規格対応・バイオ竹刀

SALE ¥ 22,245

・新試合規格対応
・お得な10本セット
・燻製バイオ竹刀
・SSP規格適合
・廉価汎用シリーズ
・30~39
・完成品は弦白色のみ
・まとめ買い割引あり
「燻竹」5本セット(30~39)

新規格対応・バイオ竹刀

SALE ¥ 11,708

・新試合規格対応
・お得な5本セット
・燻製バイオ竹刀
・SSP規格適合
・廉価汎用シリーズ
・30~39
・完成品・弦白色のみ
・まとめ買い割引あり
胴張小判型10本セット(37~39)

新規格対応・10本セット

SALE ¥ 27,797

・新試合規格対応
・お得な10本セット
・胴張小判型
・SSP規格適合
・廉価汎用シリーズ
・37~39
・竹のみ / 完成品
・まとめ買い割引あり
胴張小判型5本セット(37~39)

新規格対応・5本セット

SALE ¥ 14,630

・新試合規格対応
・お得な5本セット
・胴張小判型
・SSP規格適合
・廉価汎用シリーズ
・37~39
・竹のみ / 完成品
・まとめ買い割引あり
「鍛錬型」竹刀10本セット(32~39)

新規格対応・通常汎用竹刀

SALE ¥ 13,904

・新試合規格対応
・お得な10本セット
・丸型通常竹刀
・SSP規格適合
・廉価汎用シリーズ
・32~39
・完成品は弦白色のみ
・まとめ買い割引あり
「鍛錬型」竹刀5本セット(32~39)

新規格対応・通常汎用竹刀

SALE ¥ 6,949

・新試合規格対応
・お得な5本セット
・丸型通常竹刀
・SSP規格適合
・廉価汎用シリーズ
・32~39
・完成品・弦白色のみ
・まとめ買い割引あり
胴張柄極太10本セット(37~38)

新規格対応・胴張柄極太

SALE ¥ 27,500

・新試合規格対応
・お得な10本セット
・胴張柄極太
・SSP規格適合
・廉価汎用シリーズ
・37 / 38 限定
・竹のみ / 完成品
・まとめ買い割引あり
胴張柄極太5本セット(37~38)

新規格対応・胴張柄極太

SALE ¥ 14,355

・新試合規格対応
・お得な5本セット
・胴張柄極太
・SSP規格適合
・廉価汎用シリーズ
・37 / 38 限定
・竹のみ / 完成品
・まとめ買い割引あり

店舗詳細説明

熊本武蔵堂(竹山商事) 陳金錬氏コメント


【日本仕込みの竹刀製作】


1970年頃、当時日本の江戸川武道具の2代目長崎保高氏が、私の母国である台湾に竹刀製作の技術指導に来ていました。


その際に、兄と一緒に竹刀製作のノウハウを学びました。



そこで10年くらい竹刀製作を学び、台湾現地で独立したのが事業の始まりです。


その後、平成元年に日本でも法人を設立し、社名を「株式会社竹山商事」といたしました。


「株式会社竹山商事」という名前は、当時竹刀製作を行なっていたところが台湾の「竹山」という地名だったため、ルーツを忘れないという意味で名付けました。


【サプライチェーンを築く】


その後、江戸川武道具にホームステイ等して技術を磨き、兄は旧オガタ武道具工業へ勤務し始めました。



その間私は、竹刀の国内卸向け販売に特化しており、特に全国にある大規模卸業者、いわゆる「第一卸業者」とは強固な関係を築きました。


2010年にオガタ武道具工業が廃業する運びとなり、兄が台湾へ帰国することとなりました。


そこで、日本法人の竹山商事を私が引き継ぎ、同時にオガタ武道具工業の従業員や職人を受け入れることとなりました。



もともとオガタ武道具工業は、「武蔵号」ブランドで優れた職人がいたこともあり、彼らを受け入れるのを機に、竹刀以外の剣道具も取り扱うようになりました。


金額としてはかなりの金額を投資いたしましたが、竹刀の卸だけでは将来先細りになっていくと考えていたことと、オガタ武道具の従業員を引き継ぐ以上は、自分で剣道具類の販売に関して理解する必要があると考えていました。


そういう意味でも、投資判断としては適切であったと思います。


【身の丈に合わせた経営】

目先の商売も大切ですが、それよりも長年かけて取引先との関係を築き上げることを重視しています。



自分の「WIN」だけでなく、相手の「WIN」も考えて取引をしていくことを意識しています。


一度強固なサプライチェーンを築いてしまえば、その後長期にわたって事業を安定化させることができます。



投資判断に関しては、「自分の身の丈と成長速度」を基準としています。


もちろん自分の身の丈だけの投資では、なかなか成長は見込めませんが、自分の成長速度やイメージを加味して投資判断することは、事業の永続性につながると思います。


現状では、竹刀提供では一定の地位を築いていると思いますので、今後は竹刀以外の用具提供を拡大していきたいと考えています。



事業としては、とにかく地道に事業展開をして、会社と雇用を守り、剣道具の主要メーカーとして剣道家のために働いていきたいです。