手作り

森本竹刀師完全手作り

吉川武道具
森本作国産真竹竹刀【和】
¥ 9,000 ~  
・竹刀師森本作
・国産真竹
・表面も滑らかな仕上がり
・39&竹のみ販売
・選べるタイプ柄タイプ
(丸型 / 小判型)
・選べる重心タイプ
(通常 / 胴張 / 古刀)
・納期2ヶ月〜

西野竹刀師完全手作り

西野竹刀製作所
西野作国産真竹竹刀【弘光作】
¥ 16,200  
・竹刀師西野作
・国産真竹
・独特の武骨さ
・39&竹のみ販売
・選べるタイプ柄タイプ
(丸型 / 小判型)
・選べる重心タイプ
(通常 / 胴張 / 古刀)
・納期約1.5ヶ月〜

竹刀の選び方

竹刀には、長さ・重さ・重心・形状・素材等、様々なタイプがあります。


【長さ・重さの違い】

全日本剣道連盟規定により年代別・男女別にサイズの規定が決められています。

小学生用は36(111cm)以下、370g以上。

中学生用は37(114cm)以下、男性440g以上、女性400g以上。

高校生用は38(117cm)以下、男性480g以上、女性420g以上。

大学生・一般用は39(120cm)以下、男性510g以上、女性440g以上と規定されています。


【重心の違い】

同じ長さ・重さの竹刀でも、重心の違いにより幾つかのタイプに分かれます。

これらは”通常(普及型)” ”胴張型” ”古刀型”といった名称で呼ばれます。


”通常(普及型)”は、最も一般的な竹刀です。

比較的値段も安くバランスも良いので、特にこだわりがない方にはこちらをおすすめします。


”胴張り型(=実戦型)”は、竹の三つ目の節(=手元寄り)の部分を太くすることで、手元近くに重心を持ってきて、剣先を軽くしたタイプです。

剣先が軽めであるため、操作性が高く素早く鋭く竹刀を振る事ができます。特に試合用におすすめです。

一方で打突が軽くなりがちな点、また若干耐久性劣るため、割れやすい点が欠点です。


”古刀型”は、比較的節ごとの凹凸が少なく、直線的な形状の竹を使用することで、剣先近くに重心を持ってきているタイプです。

剣先が重めであるため、強い打突と手元の崩れにくさを実現できます。

特に面技や突き技を得意とする選手や、高段者によく使用されるタイプです。

一方で操作性は高くないため、担ぎ技等の素早い振りが求められる技には不向きです。


【柄の違い】

柄(=グリップ部)には、長さ・太さ・形状により様々な種類があり、その中から自身のスタイルに合わせたものを選ぶことができます。

長さ・太さは、手の長さ、大きさや竹刀重心の好みにより、選ぶものが変わります。

一般に柄の長さが短ければ、リーチが長くなり、構えも半身になりにくくなる一方、竹刀を振る重量が重くなり、特に近距離での竹刀操作性は損なわれます。

逆に柄の長さが長ければ、竹刀を振る重量が軽くなり竹刀操作性が高まる一方、リーチが短くなり構えも半身になりやすくなります。

上段選手は、右手を離すケースの多いため柄が長いものを使用する選手が多いと言われています。

また柄が太ければ、竹刀重心が比較的手元寄りとなり、細いものであれば竹刀重心が比較的剣先寄りとなります。

選ぶ柄の太さは手の大きさによりますので、使い勝手の良いものを見つけましょう。


さらに柄には、様々な形状のものが存在します。


いわゆる通常の円形の”丸型”、楕円形の”小判型”、八角形の”八角型”、八角形かつ楕円形の”八角小判型”等の種類があります。

これらは一概に適性があるわけではないので、指へのかかり具合や自身の感覚にあったものを選ぶのが良いでしょう。


このように、竹刀の種類は長さ・重さ・重心・柄の種類等により、様々なバリエーションが存在します。

自身の好みに加えて、プレースタイルや剣風などにも合わせて最適なものを見つけましょう。