【剣道道場経営の難しさ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
剣道道場

昨今都内の「町道場」がどんどん減っていると聞きます。

(特に自前道場の減少が著しいです)

 

そこで「道場を持つことの難しさ」を考えます。

|賃貸運用を放棄して、道場を経営する

町道場現象の主な理由は、以下の3点にまとめられると思います。

 

1)少子化による門下生減少

2)資金的問題

3)後継者不足

 

そこで”東京都内で町道場を経営する”と仮定し、どのような問題が発生するか考えてみました。

 

・平日昼間に道場をどう活用するか(=遊休資産問題

・どう門下生を集めるか(=集客問題

・多額の固定資産税、及び場合によっては相続税(=税金問題

・自分の後に誰を館長にするか(=後継者問題

 

世の中的にはあくまで町道場は”不動産”なので、都内に道場を構えるとなると、

”賃貸運用を放棄して道場で運用しなければならない”という現実が立ちはだかります。

 

▼シュミレーション

狭めの道場でコート2面程度(更衣室等含む)とすると、

10m×10m×2コート=200平米

都内1R(=30平米家賃8万円と仮定)で計算すると

200平米÷30平米×8万円=約50万円

一人当たりの月謝を6000円/人とすると

50万円÷6000円=約83名

 

つまり約83名の固定会員がいて、やっと賃貸と変わらない運用というイメージです。もちろんこの会員というのは、学校の卒業と共に入れ替わりますので、継続的な集客が必要です。

・・・”置き防具”は難しそうですね・・・。

 

剣道道場

道場を持つことの難しさは、意外と知られていない。

 

|大人層の開拓が鍵に

打開策として、スポーツクラブが参考になります。

 

・昼はシニア層、夜はサラリーマン層の取り込み

・女性客の取り込み

 

これによって、スポーツクラブは顧客単価アップと顧客回転を実現しています。

 

剣道に置き換えますと、所謂”リバ剣”(=大人になって剣道を再開した方々)の

取り込みが鍵になってくるのではないでしょうか。

 

手法はいろいろ考えられますが・・・

(そのあたりはまた今度にします)

 

KENDO PARKでは、少年少女のみならず、”大人の趣味剣道”を全力で応援してまいります。

”こんなサービスあったら良いな”というご意見もお待ちしております。

 

引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

 

剣道具専門セレクトショップ【KENDO PARK】

KENDOPARK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コアな剣道情報を配信いたします!

【無料メールマガジンを配信いたします!】

KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。

 

  • 有名剣士インタビュー
  • 最新トレンド剣道具情報
  • 大会情報

 

剣道を愛し、極め、楽しむ方々へ、有用な情報をしっかり届けてまいります。

是非、無料メルマガにご登録ください。


KENDO PARKへGO

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*