剣道と経営

【自治体様向け】「武道ツーリズム」セミナー(全文無料公開)

武道ツーリズム,剣道,インバウンド,スポーツツーリズム,KENDO

「自治体向け”武道ツーリズム”セミナー」(2021年9月7日)

~外国人向け剣道体験ツアー「SAMURAI TRIP」 永松謙使~

スポーツ庁や地方自治体を中心に、地方創生事業の一環として「武道ツーリズム」という政策が打ち出されています。
その中で、外国人向け剣道剣道体験ツアー「SAMURAI TRIP」は、2016年開始以来、多数の外国人を受け入れ、完全自走している事例として知られています。

そういった実績を踏まえ、自治体様向けに「武道ツーリズムセミナー」に登壇させて頂きましたので、その内容を再構成し、特別に全文無料公開致します。

続きを読む

【コロナ禍をどう生きるか】剣道居酒屋「第二道場」 石塚一輝

第二道場,剣道,石塚,居酒屋,大阪,KENDO

「コロナ禍をどう生きるか」

〜剣道居酒屋「第二道場」 石塚一輝〜

剣道普及事業「剣道プロジェクト」の代表にして、大阪に剣道居酒屋「第二道場」をオープンした石塚氏。
様々な困難がありながら、試行錯誤を経て状況を打開してきました。
オープン直後にコロナウイルス感染拡大に見舞われた状況から、いかにして生き残ってきたか、そしてその「やり切る力」についてお伺いしました。

(以下 KENDO PARK=KP  石塚一輝氏=石塚)

続きを読む

【剣道場の造り方】”自宅に道場を持つ”という究極の夢を叶えるには?

剣道,道場,建設,費用,剣道場

「剣道の道場を造る」というのは、剣道家にとって大きな夢でありロマンかもしれません。
しかし実際は、「そんな場所もお金もない」「道場を持つほど実力もない」等、なかなか実現させる方は少ないものです。

一方で、昨今では不動産の維持や道場経営の難しさから、自前道場がほとんど姿を消しつつあります。
そこで今回は、思い切って「道場の造り方」をまとめました。

続きを読む

【次世代への継承に向けて】全日本剣道連盟基本計画を徹底解説!

全日本剣道連盟,財団法人,経営,昇段審査

全日本剣道連盟は、2020年9月16日に内閣府の認可を受けて、公益財団法人へ移行致しました。

それに伴い、2020年4月1日に「全日本剣道連盟《基本計画》〜次世代への継承に向けて〜」と題した中期ビジョンプランが策定されました。

競技人口のみならず、ガバナンス、コンプライアンス、財政収支目標まで、これまでにない踏み込んだ内容となっています。

発表情報及びファクトをもとにした第三者目線での分析解説のため、あえて全日本剣道連盟本体には取材せず、詳細な解説記事として掲載いたします。

続きを読む

【「道場」という学校】 菱田司法書士事務所 菱田陽介

司法書士,剣道,kendo,東京,菱田,豊村

「”道場”という学校」

〜菱田司法書士事務所 菱田陽介〜

90年近く続く老舗「菱田司法書士事務所」(@東京都大田区)の4代目である菱田陽介氏。
幼少期から続ける剣道が縁で、「全日本剣道道場連盟」の法務も担当していらっしゃいます。

道場で育まれた縁や信頼、その魅力について多分に語っていただきました。

(以下 KENDO PARK=KP  菱田陽介氏=菱田)

続きを読む

【剣道の経済圏を構築する】KENDO PARK代表 永松謙使(後編)

武道ツーリズム,剣道

▼スペシャルコラム▼

「剣道の経済圏を構築する」
〜派生サービス立ち上げ編

KENDO PARK代表 永松謙使(後編)

「剣道の経済圏を構築する」のビジョンのもと、KENDO PARKリリース後に様々な派生サービスをリリース致しました。

インバウンド(=武道ツーリズム)、YouTuber、オンラインサロン等、それまで剣道界には一切存在していなかった先進的なものばかりでした。

剣道界では今まで避けられ続けてきた「ビジネス」を通して、業界を変える取り組みと、見据えるビジョンを記載いたします。

続きを読む

【剣道でビジネスを起こした男】KENDO PARK 代表 永松謙使(前編)

KENDO PARK,永松,剣道,ビジネス,通販

▼スペシャルコラム▼

「剣道でビジネスを起こした男」
〜KENDO PARK誕生編

KENDO PARK代表 永松謙使(前編)

KENDO PARKのサービスは、2016年にリリースされました。
代表の永松の「剣道の経済圏をつくる」という理念のもと、剣道界への一つの挑戦でもありました。
とはいえ、前例のない取り組みにつき、失敗や苦難の連続でした。

「剣道」という領域で、「ベンチャー起業」という道を選んだその軌跡と、苦難の道のりをご紹介します。

続きを読む

【手ぬぐい製作120年の重み】神野織物 代表取締役 神野哲郎

神野織物,手ぬぐい,面タオル

「手ぬぐい製作120年の重み」

〜神野織物 代表取締役 神野哲郎〜

創業120年を超える超老舗にして、日本でも数少ない「本染」の手ぬぐいを扱う神野織物(かんのおりもの)。
「老舗のジレンマ」を打破し、業績をV字回復させた手腕と、手ぬぐいユーザーである剣道家への想いを語っていただきました。

(以下 KENDO PARK=KP   神野哲郎氏=神野)

続きを読む

【剣道 × ビジネス】「宣伝会議」2019年11月号掲載

剣道ビジネス

広告マーケティング専門誌「宣伝会議」2019年11月号に、スポーツ(武道)ビジネス、およびマーケティング実践事例として当剣道事業が掲載されました。

剣道具通販「KENDO PARK」、剣道メディア「Kenjoy!!」から、武道ツーリズム(=剣道インバウンド)事業である「SAMURAI TRIP」まで、事業全体について掲載いただきました。

続きを読む

【剣道 × ビジネス】月刊「事業構想」掲載

剣道,武道,ビジネス,インバウンド

先端事業月刊誌「事業構想」2019年10月号に、新スポーツ(武道)ビジネスとして当剣道事業が掲載されました。

通販(=EC)展開から、武道ツーリズム(=インバウンド)展開まで、全体の事業戦略をご紹介いただいております。

続きを読む