【次世代への継承に向けて】全日本剣道連盟基本計画を徹底解説!

全日本剣道連盟,財団法人,経営,昇段審査

全日本剣道連盟は、2020年9月16日に内閣府の認可を受けて、公益財団法人へ移行致しました。

それに伴い、2020年4月1日に「全日本剣道連盟《基本計画》〜次世代への継承に向けて〜」と題した中期ビジョンプランが策定されました。

競技人口のみならず、ガバナンス、コンプライアンス、財政収支目標まで、これまでにない踏み込んだ内容となっています。

発表情報及びファクトをもとにした第三者目線での分析解説のため、あえて全日本剣道連盟本体には取材せず、詳細な解説記事として掲載いたします。

続きを読む

【「道場」という学校】 菱田司法書士事務所 菱田陽介

司法書士,剣道,kendo,東京,菱田,豊村

「”道場”という学校」

〜菱田司法書士事務所 菱田陽介〜

90年近く続く老舗「菱田司法書士事務所」(@東京都大田区)の4代目である菱田陽介氏。
幼少期から続ける剣道が縁で、「全日本剣道道場連盟」の法務も担当していらっしゃいます。

道場で育まれた縁や信頼、その魅力について多分に語っていただきました。

(以下 KENDO PARK=KP  菱田陽介氏=菱田)

続きを読む

【「武道ツーリズム」成功への道】自治体担当者様必見!

剣道体験,武道ツーリズム

昨今、スポーツ庁や一部の地方自治体を中心に、「武道ツーリズム」という言葉が言われています。
地方活性化のため、訪日外国人旅行客を「武道」を通じて地域に誘客しようという試みです。

一方で、実際に「事業化」して「自走」できている事例は皆無といえる状況です。
そこで、実際に剣道を通じて「武道ツーリズム」を実践している立場から、これから取り組まれる皆様をサポート及び協業のご提案を行なっております。

(執筆協力:外国人向け剣道体験ツアー【SAMURAI TRIP】)

続きを読む

【「浅間堂」商品ラインナップをご紹介!】〜本物へのこだわり〜

浅間堂,剣道,東郷,島根

島根県松江市に店舗を構える武道具店「浅間堂」(せんげんどう)。
店主の東郷氏は、東京で剣道具について学んだ後、島根県にオープンし「本物」を追い求め続けています。

「打突に対する耐久性」基軸に商品開発をしており、圧倒的耐久性と柔軟性を兼ね備えた剣道具ブランド「輝」(かがやき)は、数々の有名選手や指導者の方々から支持を集めています。

そんな浅間堂の紹介から商品ラインナップまで、幅広くご紹介していきます。

続きを読む

【「福田武道具」商品ラインナップをご紹介!】〜革新性と開発力〜

福田武道具,剣道

埼玉県朝霞市に本社を構える、人気剣道具メーカー「福田武道具」。

福田武道具は特許を取得している「霞流」をはじめ、「アディダス」とのコラボや剣道居酒屋「残心」内のポップアップストア等、常に革新的なチャレンジをしている剣道具メーカーです。

そんな福田武道具の紹介から商品ラインナップまで、幅広く紹介していきます。

続きを読む

【「松勘工業」商品ラインナップをご紹介!】〜バリエーション豊富〜

松勘工業

100年以上の歴史のある、超老舗剣道具メーカー「松勘工業」(まつかんこうぎょう)。
戦後の武道禁止をも乗り越え、ユーザーの意見を聞きながら多くの人気剣道具を製作してきました。

高い商品開発力を活かし、「冠」シリーズや「閃」シリーズ、また洗える剣道具のパイオニア的存在である「活人」シリーズ等、数多くの人気シリーズを有します。

そんな松勘工業の紹介から、剣道具ラインナップまで、幅広く紹介していきます。

続きを読む

「剣道三段五段」動画内広告大募集!

剣道三段五段,広告,youtube

剣道YouTuber「剣道三段五段」では、動画冒頭に入れる広告出稿を大募集しております。

チャンネル登録者約1.6万人
SNS累計フォロワー約3,000人
(2020年10月現在)

いずれも剣道に興味がある、比較的若年層に効率よくリーチ可能です。

続きを読む

【剣道具製作に「優しさ」を】安信商会 専務取締役 安藤豪浩

安信商会,安信,剣道,防具,フジダルマ

「剣道具製作に”優しさ”を」

〜安信商会 専務取締役 安藤豪浩〜

名古屋の大手剣道具メーカーとして知られる安信商会。
長きにわたり全国に剣道具を供給し、フジダルマブランドをはじめ、自社でもオリジナルの商品開発を行っています。

これまでの道のりと、剣道具製作への想いを、安藤専務にお伺いしました。

(以下 KENDO PARK=KP    安藤豪浩氏=安藤)

続きを読む