【剣道でビジネスを起こした男】KENDO PARK 代表 永松謙使(前編)

KENDO PARK,永松,剣道,ビジネス,通販

▼スペシャルコラム▼

「剣道でビジネスを起こした男」
〜KENDO PARK誕生編

KENDO PARK代表 永松謙使(前編)

KENDO PARKのサービスは、2016年にリリースされました。
代表の永松の「剣道の経済圏をつくる」という理念のもと、剣道界への一つの挑戦でもありました。
とはいえ、前例のない取り組みにつき、失敗や苦難の連続でした。

本来「自分語り」は得意ではないものの、より皆様にKENDO PARKを知って頂きたいという想いから、まだまだ道半ばながら、このタイミングで一旦文章化を決意いたしました。

「剣道」という領域で、「ベンチャー起業」という道を選んだその軌跡と、苦難の道のりをご紹介します。

続きを読む

【やろうと思えば何だってできる】山川泰二(やまかわたいじ)

山川,沖縄,剣道,大阪体育大学

「やろうと思えば何だってできる」

〜山川泰二(やまかわたいじ)〜

職業「大工」として全日本剣道選手権に出場し、YouTubeで稽古動画を配信する等、剣道界でも異彩を放つ山川氏。

「警察・教員でないからこそ伝えられること」を探り、独自の取り組みを行なっていらっしゃいます。

かつて教員志望であったところから、「やろうと思えば何だってできる」という自由なマインドセットを手に入れるまでの、異色の経歴をお聞きいたしました。

続きを読む

竹刀の世界シェア70%!「信武商事」の商品を一挙ご紹介!

信武商事

剣道家の大抵の人は、「信武商事」の竹刀を、一度は手に取ったことがあるはずです。

なぜなら、「信武商事」は”世界最大の竹刀工場”を持ち、国内流通シェア70%を誇っているからです。

そこで今回は、高品質の竹刀を多く取り扱う「信武商事」の紹介から商品紹介まで一挙ご紹介いたします。

続きを読む

「熊本武蔵堂(竹山商事)」の商品を一挙紹介!”圧倒的在庫力”が魅力!

熊本武蔵堂,竹山商事,武道園

熊本県熊本市に店舗を構える武道具専門店「熊本武蔵堂」。

熊本武蔵堂は「圧倒的な在庫力」を持ち、リージナブルなアイテムを多く扱っています。
中でも竹刀在庫が強みであり、常時1万本以上を備えています。

そんな「熊本武蔵堂」の紹介から、商品ラインナップまで幅広く紹介していきます。

続きを読む

【「武道×DX」の最前線】剣道のデジタル化成功事例をご紹介!

武道,DX,デジタル,剣道,武道ツーリズム

「DX」という単語をご存知でしょうか?
「デジタルトランスフォーメーション」の略で、あらゆるものをデジタルに置き換え、作業や事業の効率を上げて行こうという取り組みです。
新型コロナウイルス感染拡大を機に、より一層推進する機運が高まりました。

その中で、従来デジタルと縁遠かった「武道」の領域でも、稽古自粛が続くなかで、デジタルへの転換や活用が求められつつあります。
スポーツ庁が推進する「武道ツーリズム」においても、オンラインでの施策を打ち出し始めています。

そこで剣道を中心に、他の武道での成功事例も紹介しながら、武道領域へのデジタル導入について記載していきます。

続きを読む

2021年全日本剣道選手権【都道府県予選結果・出場選手一覧】

全日本選手権,剣道,予選,地方,都道府県

新型コロナウイルス感染拡大により、2020年に行われる予定であった「第68回全日本剣道選手権大会」と「第59回全日本女子剣道選手権大会」は延期となりました。

2021年3月に開催(予定)にあたり、地方予選が開催されました。
本年は各都道府県の警察官が出場停止ということで、実業団、教員、学生等、幅広い選手が出場権を手にしました。

いつもと異なる顔ぶれも見られますので、各都道府県の予選結果を記載していきます。

続きを読む

「ENN LIVING WORKS」の剣道アパレルグッズをご紹介!〜藍染刺子生地を世界へ〜

enn living works,剣道,アパレル,グッズ

「藍染」と「刺子織」の魅力を世界に広めるため、剣道着の生地を使用したオリジナルアパレルグッズで知られる「ENN LIVING WORKS」。
2018年世界剣道選手権の日本選手団が、大会中のボディーバッグとして使用したことでも有名です。

ギフトにも最適な、至極の商品ラインナップをご紹介していきます。

続きを読む

【剣道場の造り方】”自宅に道場を持つ”という究極の夢を叶えるには?

剣道,道場,建設,費用,剣道場

「剣道の道場を造る」というのは、剣道家にとって大きな夢でありロマンかもしれません。
しかし実際は、「そんな場所もお金もない」「道場を持つほど実力もない」等、なかなか実現させる方は少ないものです。

一方で、昨今では不動産の維持や道場経営の難しさから、自前道場がほとんど姿を消しつつあります。
そこで今回は、思い切って「道場の造り方」をまとめました。

続きを読む