【剣道具にオリジナリティを】KIZUNA 代表 諏訪元大介

kizuna,剣道,九州学院

▼武道具店インタビュー▼

「剣道具にオリジナリティを」

〜KIZUNA 代表 諏訪元大介〜

自身もかつて名選手であり、現在剣道具製作に携わる諏訪元氏。
プレイヤー視点でのデザインや商品開発について、お伺い致しました。

(以下 KENDO PARK=KP    諏訪元大介氏=諏訪元)

続きを読む

【WIN-WIN関係を作る経営】熊本武蔵堂(竹山商事)代表取締役 陳金錬

熊本武蔵堂,竹山商事

▼武道具店インタビュー▼

「WIN-WINを作る経営思考」

〜熊本武蔵堂(竹山商事)代表取締役 陳金錬〜

竹刀の大手サプライヤーとして、業界内で有名な熊本武蔵堂(竹山商事)。
海外出身者ならではの大胆な投資判断と、繋がりを大切にする繊細な経営感覚についてお伺いしました。

(以下 KENDO PARK=KP    陳金錬氏=陳)

続きを読む

【女性・女子の剣道事情とは!?】

剣道体験,武道ツーリズム

剣道は、男女共に練習ができる数少ない競技です。
近年では、女子剣道も大いに盛り上がりを見せています。
そこで今回は、世に知られざる女子の剣道事情について詳しく書いていきます。

続きを読む

【実業団の剣道事情とは?】強豪チーム〜就職事情〜自社道場まで徹底網羅!

実業団剣道

今回は「実業団剣道」について、ご紹介いたします。
高校や大学で剣道を続けてきた剣士たちにとって、剣道を続ける事ができる選択肢の一つが「実業団」、つまり企業所有の剣道部に所属することです。
そんな「実業団剣道」について、剣道事情から就職事情、強豪チーム、自社道場まで幅広くご紹介します。

続きを読む

【アメリカの剣道事情とは?】

kendo,usa

アメリカ(米国)には、古くから日系人の方や日本のビジネスマンが数多く居住していることもあり、剣道が盛んな地域の一つです。
その裾野は広く、全米剣道連盟(All United States Kendo Federation)は14もの地域剣道連盟を束ねています。
また2006年の世界剣道選手権において、アメリカ代表が外国チームとして初めて日本代表を破った事でも知られます。
今回は、そんなアメリカの剣道事情をご紹介いたします。

続きを読む

完全解説!【剣道具・防具の処分方法】

剣道具,防具,買取,処分

剣道具(防具)は武道具である一方、スポーツギアでもあるため、長い間使い続けると消耗していきます。
ある程度の損傷であれば、修理によって使い続けることもできますが、損傷の度合いによっては新しく剣道具(防具)を買い直す必要に迫られる場合もあるでしょう。
その際に、今まで使い続けた剣道具(防具)の正しい処分方法を知らなければ、困ることは必至です。
そこで、正しい処分方法について見ていきましょう。

続きを読む

実戦向け!【剣道の応じ技・返し技一覧】

応じ技は、相手の打突の力を利用して打ち込む技であり、ボクシングで言うところの「カウンター」のような技です。
応じ技で一本を取るためには、相手の動きを読む力と高い打突技術が必要になります。
今回は、そんな応じ技について詳しく解説していきます。

※記事内に「応じ技向け竹刀」のご案内がございます。

続きを読む

徹底網羅!【剣道の出鼻・出頭技まとめ】

出鼻技,出鼻面,出小手,出頭面

出鼻技(でばなわざ)は剣道でもっとも重要な技の一つであり、段位やレベルが上がれば上がるほど、重要となる技です。
一朝一夕で習得できる技ではなく、実践を積む中で習得する必要があり、奥が深い技です。
今回は、そんな出鼻技について詳しく説明していきます。

続きを読む

武道ツーリズム&地方創生【訪日外国人128名剣道体験イベント in大阪】

剣道体験,武道ツーリズム

KENDO PARKが主催する外国人向け剣道体験ツアー「SAMURAI TRIP」において、訪日外国人128名(インバウンド)を迎えての剣道体験イベントを開催いたしました。
大阪での開催となり、スポーツ庁が推進する「武道ツーリズム」、および「地方創生事業」としても大変有意義な事例となりました。

続きを読む