【”剣道Youtuber”という生き方】あおさのみそしる ゆうと&キタロー(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
あおさのみそしる

▼スペシャルインタビュー▼

 

”剣道Youtuber”という生き方

〜剣道Youtuberあおさのみそしる ゆうと&キタロー〜

 

剣道Youtuberとして、チャンネル登録者1万人、動画再生回数120万回を叩き出したYoutuberコンビ「あおさのみそしる」。

 

惜しまれつつも、2018年2月15日をもって動画配信停止が決定しております。

そこで「好きなことで生きていく」を地でいく生き方に迫りました。

(以下 KENDO PARK=KP   ゆうと氏=ゆうと キタロー氏=キタロー)

KENDO PARK


-あおさのみそしる-

「愛媛を盛り上げる存在になりたい」という想いから、Youtubeを通して愛媛県から様々な動画配信を行うコンビYoutuber。

二人は同じ大学に通う同級生同士。

 

メンバー:ゆうと

愛媛県出身。

上段剣士にして剣道4段。

高校時代に愛媛県大会団体優勝。

大学進学後も剣道部に所属し、全日本学生優勝大会2年連続出場。

現在大学生。(2018年2月現在)

動画内では進行担当。

 

メンバー:キタロー

剣道初心者ながら、剣道に挑戦するYoutuber。

現在大学生。(2018年2月現在)

動画内では愛嬌担当。


 

|愛媛県のインフルエンサーになる

KP:

Youtuberとして活動を始めたきっかけを教えてください。

 

 

ゆうと:

もともと、私がYoutube上で動画配信を始めたのがはじまりです。

 

世代的に、「はじめしゃちょー」や「HIKAKIN」などの有名Youtuberの動画をよく観ており、彼らに憧れて、1年ほど前から軽い気持ちで動画配信を始めました。

 

当初は特にコンセプトもなかったため、動画再生回数やチャンネル登録者数も全く伸びませんでした。

 

 

キタロー:

ゆうとのことは大学の同級生だったので、何となく知っていました。

そんな時、ツイッター上でゆうとの配信動画を見て、「面白そうだな」と思い、参加することに決めました。

 

 

KP:

二人はルームシェアをして、一緒に住んでいるそうですね。

 

 

ゆうと:

Youtuberというのは、動画の企画構成から、撮影、編集まで全て自分で行うので、近くにいた方が作業効率が良いと思いました。

 

当初は人気もなかったため、とにかく毎日動画を配信する必要がありましたし、それまで自分自身もシェアハウスに住んでいたのもあって、キタローにルームシェアを提案しました。

 

 

キタロー:

ルームシェアというのはもちろん未経験でしたが、それ自体がコンテンツになると思いました。

どうせ一緒にやるなら本気でやりたい」という想いもあり、すぐにルームシェア生活を始めました。

 

あおさのみそしる

左側がゆうと。右側がキタロー。

 

|剣道Youtuberの誕生

KP:

剣道関連動画を配信し始めたきっかけを教えてください。

 

 

キタロー:

そもそものコンセプトとしては、「愛媛県及び四国を盛り上げるインフルエンサーになりたい」というものでした。

四国にはYoutuberがいないということもあり、まずは愛媛県内の面白いものを題材に動画制作を行っていました。

 

 

ゆうと:

なかなか再生回数やチャンネル登録者数が増えない状況が続いたのですが、ある時試しに自分が所属する大学剣道部の稽古風景を配信してみました。

 

すると、それまで200回程度だった動画再生回数が2万回になり、100名程度だったチャンネル登録者数が一気に1000名まで増えました。

 

これはもしかすると需要があるのかもしれない」と思い、配信動画の中に剣道関連ものを織り交ぜていくことにしました。

 

 

KP:

「稽古風景」だけの動画が、なぜそんなに人気が出たのでしょう?

 

 

ゆうと:

タイトルに「剣道」という単語を入れていたので、「剣道 動画」等で検索した方々にヒットしたのだと思います。

またサムネイルに、高校愛媛県チャンピオン”というような文言を入れていたので、それが剣道家の方々の目に留まったのだと思います。

 

 

キタロー:

私は剣道未経験者なので、この結果には本当に驚きました。

 

剣道というと、未経験だった未知の世界であったため、まさかこんなに反響があるとは思いませんでした。

 

 

KP:

その後、あの有名な動画が人気を博します。

 

 

ゆうと:

剣道の動画といっても、どのような企画をやれば良いかもわからなかったので、とりあえず剣道初心者であるキタローと戦う動画を作成いたしました。

 

それが2017年の10月に配信した、「剣道四段vs最強の初心者」という動画です。

あおさのみそしる

【剣道四段vs最強の初心者】(現在非公開)

 

キタロー:

反響は物凄いものがありました。

 

配信当初は1晩で3万回再生する日もあり、公開1ヶ月で100万回再生を記録しました。

3ヶ月後には120万回再生を記録し、チャンネル登録者数も1000名から5000名に増加しました。

 

※日本トップのYoutuberといわれるHIKAKINの「Hikakin TV」でも、動画平均再生回数は150万~200万回といわれる。(チャンネル登録者数は約560万人)

 

 

KP:

なぜそんなに動画が”バズった”のでしょうか?

 

 

キタロー:

いろいろな要因がありますが、一番大きかったのはツイッターでの拡散でした。

 

我々の公式ツイッターだけでなく、一般の方がツイッターに動画を掲載してくれて、合計で1万リツイートを記録いたしました。

SNSの拡散力を、まざまざと見せつけられた感じですね。

 

 

ゆうと:

あとで検索してみたのですが、剣道の動画というと試合や指導の動画ばかりで、あまりエンターテイメント性のあるものがありませんでした。

 

そこで、少しエンターテイメントの要素を加えた動画を配信したことで、若い剣道家や剣道に触れたことのない学生などにウケたのだと思います。

 

あおさのみそしる

剣道関連動画だけ、再生回数が抜きん出ているのがわかる。(現在非公開)

 

KP:

生活に変化はありましたか?

 

 

キタロー:

この動画で、初めて「Youtubeでお金をもらう」という体験をしました。

 

※Youtubeでは、動画再生回数に応じてお金がもらえる仕組みがある。

 

もちろん、これだけですぐに生活ができるとは思いませんでしたが、「好きなことをしてお金をもらう」ことは、やはり自分の中でも本当に嬉しい体験でしたね。

 

 

ゆうと:

お金をもらえたことももちろんですが、ユーザーから「動画を見て剣道を始めました」や「剣道を再開することにしました」といったコメントをいただいたことも嬉しかったです。

 

自分がずっと続けてきた剣道に対して、少しでも貢献できたことが自信にもなりました。

 

 

KP:

今でこそ多数のチャンネル登録者数を抱えていますが、それまで続けれこられた理由はなんでしょうか?

 

 

ゆうと:

”Youtubeの撮影”という名目で、色々なところに出かけられるのが楽しかったので、動画配信はあまり苦になりませんでした。

それと同時に、

・四国のインフルエンサーになりたい

・もっと皆が気軽に剣道を始められるようにしたい

という強い想いがあったので、それがモチベーションでしたね。

 

 

キタロー:

その想いは私も同じでした。

しかし剣道未経験者の私が、その後まさか剣道の国際大会に出場することになるとは・・・

 

<次号へ続く>

 

運営から:

【剣道四段vs最強の初心者】の動画公開の数ヶ月後、剣道初心者キタローが剣道の国際大会に出場することになります。

その模様は次回掲載いたします。

 

▼あおさのみそしるYoutubeチャンネル▼(現在非公開)

 

剣道具専門セレクトショップ【KENDO PARK】

KENDOPARK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コアな剣道情報を配信いたします!

【無料メールマガジンを配信いたします!】

KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。

 

  • 有名剣士インタビュー
  • 最新トレンド剣道具情報
  • 大会情報

 

剣道を愛し、極め、楽しむ方々へ、有用な情報をしっかり届けてまいります。

是非、無料メルマガにご登録ください。


KENDO PARKへGO

SNSでもご購読できます。