【古き良きにこだわる】松興堂 松本孝仁(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松本孝仁

▼スペシャルインタビュー▼

 

第一部「古き良きにこだわる」松興堂 松本孝仁

(以下 KENDO PARK=KP    松本孝仁=松本)

 


松本孝仁-

東京都出身

桐蔭学園高校剣道部、法政大学剣道部に所属。

2005年に株式会社松興堂代表取締役に就任し、以来現職。

2015年より全日本武道具協同組合理事長も務める。


 

|剣道具製作の歴史を継ぐ

KP:

創業がかなり古いとお聞きしているのですが、大まかな歴史を教えてください。

 

 

松本:

1934年に創業者の松本彌一が、松勘工業から独立する形で創業いたしました。

創業時は本町5丁目に本社があり、そこに工場設備も置いていました。

 

工場を設置したのも、当時は陸・海軍の銃剣道向け用具製造を目的としており、

また本町自体が下請け工場の建ち並ぶ街だったので、自然流れであったのだと思います。

 

 

KP:

当時の販路は軍隊が大きかったのですね。

 

 

松本:

そうですね。その名残は今も多少あると思います。

現在でも官公庁向けの発注は定期的に頂いております。

 

これは積み上げてきた歴史と信頼の証だと思っています。

 

 

KP:

自社工場を維持していくのは、本当に大変なように思います。

 

 

松本:

創業時から“作って売る”スタイルにはこだわってきました。

剣道具の根幹はやはり”ものづくり“でありますので、生産拠点が海外に移った今でも、

そこのこだわりは一切変わっていません。

 

ただやはり、時代の変化と共に難しくなっていったことは確かです。

昔は官公庁からの需要も大きかったですし、生産力のある競合他社も少なかったので、

それこそ「作れば売れる」ような状態でした。

当時は職人専用のバスがあったくらい、職人の人数も多かったです。

 

松興堂02

重厚感ある剣道具(防具)が並ぶ店内

 

|時代の変化に対応する

KP:

どのように変化に対応していったのですか?

 

 

松本:

昭和50年くらいから、手刺防具等の高付加価値商品にシフトいたしました。

また同時期に、工場を秋田に工場を移転いたしました。この時すでに、

戦前の流れをくむ職人が多かったので、職人の高齢化はかなり進んでいたと思います。

 

需要が大きかった頃は、生産を追いつかせるために仕様や細かいサイズは分けずに、

ほぼ統一規格で生産しておりました。それを、技術力が活かせる高付加価値商品に、

ラインナップを少しずつシフトしたわけです。

 

 

KP:

昭和50年あたりというと、ちょうど海外生産の商品が出回ってきたあたりですよね。

 

 

松本:

そうですね。ただ、その当時はまだ海外製の品質も粗悪なものが多かったので、

本格的に価格競争になってきたのはここ10〜20年くらいの話だと思います。

 

弊社の例外ではなく、平成18年頃に生産拠点を中国に移しました。

 

 

KP:

松興堂の剣道具(防具)シリーズは、何と言っても“重厚さ”だと思うのですが、

こだわりを教えてください。

 

 

松本:

“古き良き”のスタイルにはかなりこだわっています。

生産拠点が変わっても、作り方は昔から一切変えておりません。

 

布団が短く、軽くてシンプルなものが流行しているようですが、

弊社の商品は長めの布団で、いたずらに軽くはしておりません。

 

 

KP:

確かに、“昔師範の先生が装着していた”ような剣道具(防具)のイメージに近いです。

 

 

松本:

実際ご覧いただくと、その重厚感は感じていただけると思います。

材料が手に入らなくなってきているので、昔と同じように作るのは簡単ではないですが、

ここの部分は変えるつもりはないです。

 

松本孝仁

 

<次号へ続く>

 

運営から:

歴史に裏打ちされたものづくりへのこだわりを、強く感じました。

昔“おじいちゃん先生”が身につけていたような重厚な剣道具(防具)は、

懐かしさすら感じさせる一品です。

 

全日本武道具協同組合理事長というお立場から、

あのSSP竹刀規格についてもお聞きしましたので、そちらは次回掲載いたします。

 

▼松興堂の商品ラインナップはこちらよりお買い求め下さい。▼

松興堂

松興堂の商品ラインナップはこちらよりご覧ください。

 

剣道具専門セレクトショップ【KENDO PARK】

KENDOPARK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コアな剣道情報を配信いたします!

【無料メールマガジンを配信いたします!】

KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。

 

  • 有名剣士インタビュー
  • 最新トレンド剣道具情報
  • 大会情報

 

剣道を愛し、極め、楽しむ方々へ、有用な情報をしっかり届けてまいります。

是非、無料メルマガにご登録ください。


KENDO PARKへGO

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*