2021年全日本剣道選手権【都道府県予選結果・出場選手一覧】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
全日本選手権,剣道,予選,地方,都道府県

新型コロナウイルス感染拡大により、2020年に行われる予定であった「第68回全日本剣道選手権大会」と「第59回全日本女子剣道選手権大会」は延期となりました。

2021年3月に開催(予定)にあたり、地方予選が開催されました。
本年は各都道府県の警察官が出場停止ということで、実業団、教員、学生等、幅広い選手が出場権を手にしました。

いつもと異なる顔ぶれも見られますので、各都道府県の予選結果を記載していきます。

KENDO PARK

以下に各都道府県別の予選結果を記載いたします。
都道府県ごとに出場枠も異なりますので、そちらも記載しております。

|北海道・東北地方

北海道予選

・男子

優勝 野崎将秀(東京学芸大)
準優勝 佐賀駿介(日大→刑務官)

・女子

優勝 福田安優子選手(明治大)

※男子上位2名、女子優勝者が全日本選手権出場

青森県予選

・男子

優勝 塚尾凌河(日体大)
準優勝 小橋裕貴(会社員)
第3位 福原荘太(東海大)・新田樹(青森大)

・女子

優勝 小松加奈(明治大)
準優勝 齋藤とも(東奥義塾高)

※優勝者は全日本選手権出場
※女子は予選出場2名のみ

秋田県予選

・男子

優勝 山﨑洵(筑波大→教員)
準優勝 金森康臣(教員)
第3位 福田優介(刑務官)・保坂亮輔(会社員)

・女子

優勝 加藤由佳(教員)
準優勝 渡邉柚(県庁)
第3位 伊吹菜奈(秋田北高)・畠山奈那(会社員)

※優勝者は全日本選手権出場

岩手県予選

・男子

優勝 菅野隆介(国士館→教員)
準優勝 松沢 航
第3位 伊藤啓太(刑務官)・古舘将(教員)

・女子

優勝 金田一裕美(学芸大→教員)
準優勝 阿部なるみ(日体大)
第3位 旭岡扇幸(教員)・藤澤琴日(日体大→教員)

※優勝者は全日本選手権出場

山形県予選

・男子

優勝 三條恵介(歯科医)
準優勝 小笠原優太
第3位 後藤大和・柏倉拓人

・女子

優勝 酒井紫
準優勝 大場千尋
第3位 佐藤玲希・白田瑠璃

※優勝者は全日本選手権出場

宮城県予選

・男子

優勝 武田直大(国士館大→教員)
準優勝 黒木翔平(東北学院大→刑務官)
第3位 馬目健次郎(日体大→高校教員)・古畑健吾(国士館大→刑務官)

・女子

優勝 鈴木碧(小牛田農林高)
準優勝 岩井南美(聖ドミニコ学院高)
第3位 相澤なづな(東北学院大)・及川結加里(東北学院大)

※優勝者は全日本選手権出場

福島県予選

・男子

優勝 三田大輔(筑波大→教員)
準優勝 八巻裕介(教員)
第3位 五十嵐竜(教員)・木村嶺児(東北学院大)

・女子

優勝 上野碧泉(日体大)
準優勝 吉田みずほ
第3位 菅野菜津美(聖光学院高)・小林恭子(郡山女子大付高)

※優勝者は全日本選手権出場

|関東地方

茨城県予選

・男子

優勝 松﨑賢士郎(筑波大)
準優勝 山下和真(筑波大→教員)
第3位 堀川峻(大学生)

・女子

優勝 海津みなみ(筑波大)
準優勝 濱田裕佳(筑波大)
第3位 塚田萌(国士舘大)

※上位2名は全日本選手権出場

栃木県予選

・男子

優勝 大平翔士(筑波大)

・女子

優勝 竹中美帆(筑波大→団体職員)

※優勝者は全日本選手権出場

群馬県予選

・男子

優勝 金子裕晃(教員)
準優勝 北野寛平(筑波大→教員)
第3位 下山輝(国士舘大)・星野秀明(大阪体育大)

・女子

 優勝 堀込望(日本体育大→教員)
 準優勝 内藤芳香(新潟大→)
第3位 須永爽(日大)・海老子川美李依(健大高崎高→)

※優勝者は全日本選手権出場

東京都予選

優勝 山本有樹(早稲田大→NTT)
準優勝 中嶋優樹(早稲田大→三菱商事)
第3位 村冨聖気(国士舘大→国士舘大)・石田雄二(国士舘大→大塚家具)

補員1 梅ヶ谷翔(中央大→富士ゼロックス)
補員2 伊藤謙剛(慶應大→三菱商事)

・女子

優勝 諸岡温子(中央大)
準優勝 本川愛梨(早稲田大→NTT)
第3位 桜井陽奈子(明治大)・松下夏生(早稲田大)

※上位4名全日本選手権出場

神奈川県予選

・男子

優勝 森山竜成(筑波大)
準優勝 杉本航輝(日体大)
第3位 丸山大輔(中央大→会社員)・千葉一輝(国士舘大→教員)

・女子

優勝 齋藤美紀(教員)
準優勝 杉本咲妃(中央大)
第3位 遠藤桃香(東洋大)・勝目好羽(桐蔭学園高)

※上位2名は全日本選手権出場

埼玉県予選

・男子

優勝 橋本桂一(帝京大→伊田テクノス)
準優勝 竹越充(早稲田大→NTT)
第3位 泉和毅
第4位 長峰龍汰

・女子

優勝 小川真英
準優勝 山村貴恵
第3位 志藤綾子
第4位 荒井貴子

※上位3名が全日本選手権出場

千葉県予選

・男子

優勝 白鳥湧也(筑波大)
準優勝 本間渉(中央大→三井住友海上)
第3位 軽米拓麿(教員)
第4位 山田巧介(教員)

・女子

優勝 吉武礼絵(順天堂大)
準優勝 田添千尋(清和大)
第3位 中野美里(順天堂大)
第4位 後藤千尋

※上位3名が全日本選手権出場

山梨県予選

・男子

優勝 光石理人(国士舘大→フリー)
準優勝 三井伶恩(日体大4年)
第3位 荒木優範(国士舘大→日本航空高教員)・内藤大輔

・女子

優勝 内藤栞(守谷高3年)
準優勝 藤田杏香(大学生)
第3位 板倉亜実(大学生)・小川由莉

※優勝者は全日本選手権出場

|信越地方

長野県予選

・男子

優勝 矢野博之(教員)
準優勝 中村諒(教員)

・女子

優勝 須坂喜江(実業団)
準優勝 飯島咲季(教員)

※男子は優勝者が全日本選手権出場、女子は上位2名が全日本選手権出場

新潟県予選

・男子

優勝 木村友哉(日体大→刑務官)
準優勝 高橋吉孝(大体大→刑務官)
第3位 野矢暁斗(刑務官)・木立快(筑波→教員)

・女子

優勝 小川梨々香(日体大)
準優勝 中島郁子(浜松大→教員)
第3位 岩倉薫子(新潟大→)・石原幸恵(五泉高)

※優勝者は全日本選手権出場

富山県予選

・男子

優勝 寺島光紀(筑波大→教員)
準優勝 青山虹(刑務官)
第3位 末上裕也(埼玉大→教員)・篠原風斗(教員)

・女子

優勝 竹内彩乃(富山大)
準優勝 小川晴可(学芸大)
第3位 高藤綾乃・中田絢子

※優勝者は全日本選手権出場

石川県予選

・男子

優勝 尾﨑泰之(刑務官)
準優勝 山田潤(教員)
第3位 中越泰士郎(筑波大)・久保 洸旗(教員)

・女子

優勝 土居裕佳(教員)
準優勝 中生吹(流通経済大)
第3位 吉田真衣(教員)・髙澤未来(星稜大)

※優勝者は全日本選手権出場

福井県予選

・男子

優勝 林田匡平(筑波→教員)
準優勝 冨田成慈(福井工大→刑務官)
第3位 楠原北斗(福井工大)・渡邊 龍二郎(教員)

・女子

優勝 大西ななみ(筑波→教員)
準優勝 堤腰琴菜(立命館大)
第3位 篠崎美里・川端心愛

※優勝者は全日本選手権出場

|東海地方

静岡県予選

・男子

優勝 長田悠樹(同志社大)
準優勝 二橋光哉(会社員)
第3位 菊池竜平(中京大→教員)・村川 雄輝(法政大→東芝テック)

・女子

優勝 内田さくら(筑波大→教員)
準優勝 望月美紗(東海大→一般)
第3位 室屋悠望香(上池自動車学校)・松下陽日(磐田西高)

※男子は上位2名、女子は優勝者が全日本選手権出場

愛知県予選

・男子

優勝 近本太郎(筑波大)
準優勝 安藤千真(立命館大)
第3位 山田将也(明治→NTTドコモ)
第4位 藤原郁哉(愛知学泉大→刑務官)

・女子

優勝 金子遙花(岡崎城西高)
準優勝 竹内祐貴(四条畷短期大→会社員)
第3位 平山まりん(会社員)
第4位 長田茉琴(愛知学院大)

※上位2名が全日本選手権出場

岐阜県予選

・男子

優勝 杉田龍太郎(鹿屋体育大学)

・女子

優勝 外山菜緒(筑波大学)

※優勝者は全日本選手権出場

|関西地方

滋賀県予選

・男子

優勝 八木聖真(国士館大)
準優勝 中村治貴(会社員)
第3位 奈良優佑・三雲悠佑(明治大→東レ)

・女子

優勝 堀由美恵(大学生)
準優勝 川上侑記(志學館大)
第3位 津村颯希(草津東高)・戸川さくら(立命館大→教員)

※優勝者は全日本選手権出場

三重県予選

・男子

優勝 和田優人(大阪体育大)
準優勝 中村文哉(東海大)

・女子

優勝 乗田美紀(筑波大)

※優勝者は全日本選手権出場

大阪府予選

・男子

優勝 村上雷多(筑波→大体大教員)
準優勝 髙優司(中央→パナLS)
第3位 日下達基(法政→パナLS)
第4位 勝見健太(同志社→パナLS)

・女子

優勝 紺本楓(至誠塾)
準優勝 中原光紗(パナLS)
第3位 素川佳子(枚方剣道協会)
第4位 西村葵(パナLS)

※上位3名が全日本選手権出場

京都府予選

・男子

優勝 橋本将輝(筑波大)
準優勝 吉村大地(中央大→パナソニック)
第3位 梅木大(刑務官)・奥野義丸(同志社大)

・女子

優勝 宮路早恵子(教員)
準優勝 山口ひかり
第3位 奥田莉央(大体大)・小船井裕里(久御山高)

※優勝者は全日本選手権出場

兵庫県予選

・男子

優勝 向江脇靖也(関西学院大)
準優勝 榮翔平 (京産大→刑務官)
第3位 椿武 (教員)

・女子

優勝 深見恵子(明治大)
準優勝 大西真奈未(関西学院大)

※上位2名が全日本選手権出場
※男子の向江脇選手は19歳のため、本大会出場資格無しにつき、椿選手が繰り上げ選出。

奈良県予選

・男子

優勝 山田侑希(関大→パナソニック)
準優勝 中本孝則(筑波→教員)
第3位 安井奎祐(早稲田→パナソニック)・高山裕貴(近畿大)

・女子

優勝 相原晴乃
第2位 東畑百香(天理大)
第3位 福井眞穂(大体大)・細田琴里(同志社)

※優勝者は全日本選手権出場

和歌山県予選

・男子

優勝 吉田真佐義
準優勝 小幡佳大
第3位 小幡侑矢・滝本翔太

・女子

優勝 松本泉帆
準優勝 唐尾美波
第3位 千原陽葉里・山谷真希

※優勝者は全日本選手権出場

|中国地方

岡山県予選

優勝 幡中聖也(国士舘大)
準優勝 森木大生(法政大)
第3位 櫨木悠介(教員)・木下旺(環太平洋大)

・女子

優勝 水川晴奈(西大寺高)
準優勝 山本真生(西大寺高)
第3位 根来優羽(法政大)・千葉美優(西大寺高)

※優勝者は全日本選手権出場

広島県予選

・男子

優勝 本間建成(刑務官)
準優勝 矢野孔明(刑務官)
第3位 惣木堅太(教員)・美和優人(刑務官)

・女子

優勝 藤賀玲奈(立命館大)
準優勝 坂元麗華(環太平洋大)
第3位 佐々木愛梨(国士館大)・佐々木鈴夏(沼田高)

※優勝者は全日本選手権出場

鳥取県予選

・男子

優勝 上田大輔(国士舘大→団体職員)

・女子

優勝 藤井梨衣(高知大)

※優勝者は全日本選手権出場

島根県予選

・男子

優勝 高瀬遼太(教員)
準優勝 松﨑康汰(教員)
第3位 竹田圭汰(教員)・青木大晟(教員)

・女子

優勝 菅原悠佳(島根大学)
準優勝 布野由香(環太平洋大学)
第3位 糸原裕佳(教員)・宮本もえ(大社高)

※優勝者は全日本選手権出場

山口県予選

・男子

優勝 沖本淳樹(教員)
準優勝 河内泰志(大学生)
第3位 木下航(自衛官)

・女子

優勝 宮川瑠璃子(教員)
準優勝 田村久美(教員)
第3位 尾崎ひな子(教員)

※優勝者は全日本選手権出場

|四国地方

香川県予選

・男子

優勝 岩部光(国士舘大2年)
準優勝 井口諒(専修大)
第3位 寒川祥(筑波大)・葛西賢祐(教員)

・女子

優勝 須浪優加(関西学院大1年) 
準優勝 阿部ゆめな(香川大)  
第3位 藤本陽菜(近畿大)・坂本育未(教員)

※優勝者は全日本選手権出場

高知県予選

・男子

優勝 松田匠太郎(教員)
準優勝 弘田 (東海大)
第3位 川元 (立命館大)・上岡(自衛隊)

・女子

優勝 津野暁美(教員)
準優勝 永野 (東海大)
第3位 三村 (高知大)・佐竹 (中央大)

※優勝者は全日本選手権出場

徳島県予選

・男子

優勝 白木恒二郎(国士舘大→教員)

・女子

優勝 坪井香歩(環太平洋大)

※優勝者は全日本選手権出場

愛媛県予選

・男子

優勝 高橋照知(教員)
準優勝 杉野友祐(松山大→刑務官)
第3位 岡田健吾(教員)・白石大輔(刑務官)

・女子

優 勝 渡邊茜(筑波大)
準優勝 岩中まりな(松山大)
第3位 馬越千里(東海大→団体職員)・第3位 二神明日美(早稲田大)

※優勝者は全日本選手権出場

|九州地方

福岡県予選

・男子

優勝 甲斐勇太(早稲田→西日本シティ)
準優勝 藤岡弘径(国士舘→教員)
第3位 林田浩志(福教大→刑務官)
第4位 久保山崇之(筑波→教員)

※上位3名が全日本出場

・女子

優勝 大津 (中村学園→筑波)
準優勝 新開(福岡大→トヨペット)
第3位 吉良(福翔高3年) 第4位 寺本(中村学園高3年)

※上位2名が全日本出場

大分県予選

・男子

優勝 梶原大輔(日体大→教員)
準優勝 阿部剣征(筑波大→大学職員)
第3位 河野龍二郎(教員→フリー)・園山和槻(教員)

・女子

優勝 奥谷茉子(筑波大)
準優勝 津守葵衣(法政大)
第3位 中村愛梨(自衛官)・藥師寺華那(大分鶴崎高→会社員)

※優勝者は全日本選手権出場

佐賀県予選

・男子

優勝 川﨑輝士(日体大→警視庁→会社員)
準優勝 永山貴大(明治大→刑務官)
第3位 大石孝之(自営業)・西村慶士郎(早稲田大→教員)

・女子

優勝 中村日南(三養基高→大学生)

※優勝者は全日本選手権出場

長崎県予選

・男子

優勝 宮崎東平(筑波大→教員)
準優勝 志築柊威(鹿屋体大3年)
第3位 宮嵜大 (朝日大4年)・中島孝彰(大学職員)

・女子

優勝 岩本瑚々(島原高3年)
準優勝 松下明奈(大教大)
第3位 黒木美宇(大教大)・峯松加奈(島原高3年)

※優勝者は全日本選手権出場

宮崎県予選

・男子

優勝 佐伯太郎(筑波大→教員)
準優勝 内村(国士館大)
第3位 荒武祐二(鹿体大) ・甲斐永吉(筑波大→九電工)

・女子

優勝 山崎里奈(明治大)
準優勝 柳舞衣(高鍋高)
第3位 谷口涼佳(高鍋高)・深田聖(高鍋高)

※優勝者は全日本選手権出場

熊本県予選

・男子

優勝 今村 侑資(大体大→刑務官)
準優勝 杉下尚悟(自衛官)
第3位芹川勝也 (鹿体大→教員)・齋藤(自衛官)

・女子

優勝 大西莉央(八代白百合高)
準優勝 工藤愛子(八代白百合高)
第3位 海津みなみ(筑波大)・樋口ほたる(国士舘大)

※優勝者は全日本選手権出場

鹿児島県予選

・男子

優勝 星子啓太(筑波大)

・女子

優勝 村田桃子(鹿屋体大)

※優勝者は全日本選手権出場

沖縄県予選

・男子

優勝 山川泰二(会社員)
準優勝 平良祐輔(教員)
第3位 中島太朗(国士舘大)
第4位 平安政喜(教員)

※優勝者は全日本選手権出場

※女子は出場5人全員が出場辞退して中止。
※昨年県学生選手権で優勝した宮城舞衣(国際武道大)を、全日本選手権に派遣予定。
→再選考の結果、大城春佳(教員)が全日本選手権出場

剣道具専門通販セレクトショップ【KENDO PARK】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コアな剣道情報を配信いたします!

【無料メールマガジンを配信いたします!】

KENDO PARK会員及びメルマガ登録していただいたお客様に、剣道に関する情報を発信いたします。
今なら、メルマガ登録で割引クーポン進呈中!

 

  • 有名剣士インタビュー
  • 最新剣道具情報
  • 大会情報

 

剣道を愛し、極め、楽しむ方々へ、有用な情報をしっかり届けてまいります。
是非、無料メルマガにご登録ください。


KENDO PARKへGO

SNSでもご購読できます。